トリドリ編集部

沖縄が世界に誇る「ケラマブルー」!日帰りOKのアイランドトリップを楽しもう

日本を代表する観光スポット、沖縄。多くの島が点在し、その美しい海を求め世界中から観光客が訪れます。特にプライベートな時間を過ごせる離島は人気♪実は那覇から日帰りで行けちゃう島があるんです。

パラダイスは意外と近かった!那覇からたった35分の渡嘉敷島

ケラマブルーの海

渡嘉敷(とかしき)島は、那覇から西へ約32km行ったところにある島。慶良間(けらま)諸島で面積は最も大きく約15㎢、東京都渋谷区と同じくらい。そこに約750人が暮らしています。沖縄本島から最も近い有人島として知られ、那覇から高速船で約35分というアクセスの良さが人気。
渡嘉敷島への移動手段は一般的に2通りあります。那覇の泊港(とまりん)と渡嘉敷港を結ぶ「フェリーとかしき」または、高速船「マリンライナーとかしき」です。所要時間はフェリーが約70分、高速船が約35分なので、日帰りには高速船がオススメ。満席になることが多いので、事前に予約をしましょう♪

■渡嘉敷フェリーポータルサイト

こんな青色見たことない!唯一無二の「ケラマブルー」

一番の見どころはなんと言っても、世界有数の海の透明度!どこまでも続くサンゴ礁の海は「ケラマブルー」と称される美しい海なんです。渡嘉敷島を含む慶良間諸島は2014年に国立公園に指定されました。珊瑚や熱帯魚など多種多様な生物が生息しており、ダイバー憧れの海でもあります。

初心者もOK!阿波連ビーチではシュノーケリングを楽しもう。

島一番の観光スポット、「阿波連(あわれん)ビーチ」は豊かな珊瑚礁に囲まれた穏やかな波の砂浜。湾曲したビーチなので、プライベートな時間を満喫できます。ビーチでは海水浴も楽しめますが、珊瑚が多いのでマリンブーツをご用意くださいね。海の家ではパラソルや浮き輪を貸し出ししているので、とっても便利です。
また、豊富なマリンアクティビティも魅力の一つ。水深がさほど深くないので、シュノーケリング初心者でも気軽に楽しめちゃいます。海水浴のベストシーズンは6月~10月ですが、ウェットスーツを着れば通年楽しめますよ。渡嘉敷島周辺には約248種類の珊瑚が生息し、またクマノミなど可愛い熱帯魚を見ることができます。運が良ければ、ウミガメと一緒に泳ぐ、なんてことも叶うかも♪
近くにはキャンプ場「渡嘉敷村青少年旅行村」があります。広々とした敷地に炊事場、シャワー施設が完備されているのでアウトドア派にオススメ。夜は波の音を聞きながら、満天の星を観賞するのも素敵ですね。

■渡嘉敷村青少年旅行村
住所
沖縄県渡嘉敷島字阿波連
電話番号
098-987-2090(商工観光課)
HP
http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/archives/755

日帰りもいいけど、せっかくならリゾートホテルでラグジュアリーな滞在を。

渡嘉敷島にはいくつかホテルがありますが、一番人気は島唯一のリゾートホテル「ケラマテラス」です。港から車で約15分(送迎有り)と島の中心から少し離れているので、日常を忘れリラックスできるでしょう。全8室のプライベートな空間は落ち着いた木目で統一され、ラグジュアリーなひと時を演出します。レストランにバー、そしてスパも併設されているので、ビーチで疲れた体を癒してみてはいかがでしょう。
いかがでしたか?那覇からたった35分で行けちゃう天国のような島、渡嘉敷島。亜熱帯の楽園とも言われるこの島で、素敵なひとときを過ごしてみてくださいね♪

■ケラマテラス
住所
沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連103
営業時間
10:00~17:00
電話番号
098-987-3477
HP
http://www.keramaterrace.jp/service/room/
※情報は記事公開日時点のものになります。