トリドリ編集部

日本三大稲荷神社の1つ、佐賀の「祐徳稲荷神社」は豪華絢爛!

祐徳稲荷神社の広大な境内には、本殿・奥の院の他、6つの社が祀られています。また博物館や日本庭園なども併設され、年間300万人もの参拝者が訪れます。では早速、神社とは思えない、豪華絢爛の世界をのぞいてみましょう!

これが神社?!「西の日光」と言われる厳かな佇まい

祐徳稲荷神社

JR佐賀駅からバスで約1時間の鹿島市にある祐徳稲荷神社は1687年(貞享4年)にこの地域を治めていた鹿島藩藩主夫人、花山院萬子媛(かざんいんまんこひめ)によって創建されました。若くして亡くなった二人の我が子を思い、ここで祈りの日々を過ごしたと伝えられています。
本殿を始め、神楽殿、楼門などは全て漆塗りの極彩色で彩られており、西の日光と呼ばれるのにふさわしいきらびやかな佇まいです。

祐徳稲荷神社

特に本殿を支える大柱や神池にかかる橋など、鮮やかな朱色が印象的。そういえば、全国の鳥居の大半が朱色で塗られていますよね。朱色は魔力に対抗する色、そして稲荷大神の豊穣を表わす色なのだとか。

赤鳥居が続く、奥の院への参道は必見。

神社の背にそびえる石壁山の頂上には奥の院が祀られており、山頂からは鹿島市内、そして有明海の絶景が一望できます。奥の院までは、本殿から何基もの赤鳥居が続く参道を登ってゆきます。鳥居は神聖な場所への「門」を意味しているのだとか。江戸時代から始まったという赤鳥居の奉納。人々の願いが込められた赤鳥居は、神秘的な景色を作り出しています。

参拝の後は、嬉野温泉で癒されよう

近くで宿泊施設をお探しなら、嬉野温泉がオススメ。こちらは「日本三大美肌の湯」としても知られ、名物には湯豆腐があります。祐徳稲荷神社のある鹿島市から嬉野温泉は、バスで約30分。奥の院まで登って疲れた足腰をゆっくり癒してくださいね♪

祐徳稲荷神社へのアクセスは?

田子さん(@tago_inbo)がシェアした投稿

祐徳稲荷神社へのアクセスは、JR佐賀駅から出ている祐徳バスが一般的(所要時間約1時間)。無料駐車場が完備しているので、車でもアクセス可能です。
神社には、他にも縁結びの神様を祀る岩崎社など、女性に人気の参拝所があります。日本三大稲荷神社を訪れて、パワーを充電してみてはいかがでしょうか。

■祐徳稲荷神社
住所
佐賀県鹿島市古枝1855
電話番号
0954-62-2151
HP
https://goo.gl/maps/NciyFapRrHC2
※情報は記事公開日時点のものになります。