トリドリ編集部

忘れ物してない?女子の海外旅行の持ち物最終チェックリスト10

待ちに待った海外旅行出発直前!あなたの荷造りは本当に完璧ですか?海外では日本で当たり前に手に入るものが売っていなかったり、高額なこともあります。パスポートや航空券などの超基本アイテムは勿論、楽しい旅行の為に準備をしっかりしておきましょう!

【最重要持ち物】1.パスポート

パスポート

海外旅行で最も必要なアイテムのパスポートです。注意すべき点は「有効期限」です。国や地域によっては、有効期限までの残り日数を十分に保持していないと入国することができません。
アメリカは残存日数が90日以上、グアムは45日以上、ヨーロッパやシェンゲン協定エリアは、出国日+90日以上の国が多いです。一方、カナダは出国予定日+1日と緩め。アジアの多くの国は、入国時に3か月以上の残存期間の国が多いですが、シンガポールは入国時に6カ月以上と特に厳しくなっています。国によって異なるので事前にチェックしておきましょう!

2.航空券

飛行機に搭乗するために必要な航空券。最近では電子化されており、予約後に送られてきたEチケットの控えを準備し、空港のカウンターで航空券を受け取ります。海外のLCC(格安航空会社)では作業の効率化が徹底されており、予約後に受け取ったチケット番号をもとに、空港の電子チェックインの機械で自分でチケット発行や荷物の預け入れをする会社も増えてきています。自分の航空券がどのタイプか事前にチェックして、早めに空港へ向かいましょう!

3.VISA(ビザ)

ビザ

日本のパスポートは世界でトップクラスに信用度があり、ビザなし渡航が可能な国が多くあります。90日以内はビザなし滞在ができる国が多いのですが、電子渡航システムに登録する必要がある国には要注意。アメリカのESTAやオーストラリアのETAなどは、事前にネットから簡単に申し込みができます。早めにビザが必要な国と、到着してから空港でビザ料金を支払う国がありますので、事前にチェックしておきましょう。

4.海外旅行保険

海外では日本の医療保険などは適用されません。盗難から医療費までカバーできる保険を契約しておきましょう。

【必需品】5.常備薬

薬

海外の薬は日本の薬より効き目が強いものが多いので、常備薬などを準備しておきましょう。 また万が一に備えて、正露丸などのお腹の薬を持っていると安心。

6.Wi-Fi

スマホを操作する女性

海外でケータイ電話が使えるサービスプランの利用、海外WiFiレンタルを活用すると旅がスムーズに。インターネットが繋がる事によって、今まで持ち歩いていた電子辞書やガイドブックはケータイで代用できます。

7.変圧器、プラグ

海外では日本と電圧が異なる地域が多くあります。コンセントを差し込むプラグ自体が違う場合は、家電量販店などで売っている変換プラグを購入しましょう。また電圧が違う場合は、変圧器が必要になります。ドライヤーやヘアアイロンなどは、海外対応のものを使うようにしましょう。

【機内を快適に過ごす為に】8.機内用の洋服

空港にいる女性

気圧の変化でむくみなどが気になる機内では、ゆったりとしたマキシワンピースや伸縮性のある素材の洋服を選びましょう。また機内の空調の温度は低めに設定されているので、ヒートテックや羽織るものを準備しておくと安心です。

9.機内持ち込み荷物

機内に持ち込める荷物は、航空会社によって個数や重さが定められています。長時間フライトの場合は、機内で読みたい本や電子端末、充電器など必要な物を準備しておきましょう。ポイントは常備薬なども持ち込み荷物に入れておくこと。液体の持ち込みは制限されているので、利用する航空会社の取り決めに従いましょう。機内の乾燥対策に、スキンケアセットやマスクを準備しておくと便利です。

10.ファスナー付きのショルダーバッグ

貴重品を管理する小さめのショルダーバッグがあると便利。カバンの外側はもちろん、内側にファスナー付きポケットがあるとベストです。

これから海外旅行に行かれる皆さん!準備をしっかり整え旅先で素敵な思い出を作ってくださいね!

※情報は記事公開日時点のものになります。