人気避暑地の源泉かけ流しの宿「松川屋那須高原ホテル」で温泉三昧♪

那須温泉は、高原のひんやりとした新鮮な空気と温泉が一度に楽しめる人気の観光地です。色々なスタイルの宿泊施設があるエリアですが、どこにしようか迷っている方に、源泉100%の温泉が楽しめる旅館を紹介します。暑い夏にひと時の涼と癒しを求めに訪れてみませんか。

高原リゾート、那須温泉へ行こう!

@masayan03がシェアした投稿

栃木県、那須高原にある那須温泉郷。なんと1380年もの長い歴史を持つ由緒ある温泉地なんです。周辺には皇室が静養に訪れる那須御用邸もあり、四季折々美しい自然が楽しめるリゾート地としても人気です。友達同士でも、カップルで訪れるにもぴったりの観光スポットです。

■那須温泉

おすすめの宿「松川屋那須高原ホテル」

たくさんの宿泊施設がある那須温泉ですが、今回はその中でも一押しのお宿「松川屋那須高原ホテル」をご紹介します。こちらの宿の自慢は、何といってもお風呂です!那須温泉の元湯「鹿の湯」と奥の沢源泉2つを引湯しており、館内にあるすべての温泉は100%源泉掛け流し。無加熱、無加水、無循環、薬品無添加の自慢のお湯なんです。硫黄の香り漂う乳白色のお湯は、美肌効果抜群、美人の湯と評判です。

贅沢な時間を過ごせる温泉が最高!

広々とした造りの内湯は、温度の異なるあつ湯、ぬる湯、そして寝湯もあります。また、男性浴場、女性浴場共に露天風呂も楽しめるんですよ。ここから眺める景色は、那須湯本で一番の絶景!那須高原の美しい景色を眺めながら、開放感抜群の露天風呂に浸かるなんて、本当に贅沢ですね。お天気が良ければ、日の出を見ることだってできちゃいます!美しい山々と湯の花がふんわりと浮かぶ硫黄泉を堪能してください!
また、4年前にオープンした貸切風呂「○の湯(まるのゆ)」もおすすめ!なんと、その都度お湯を張り替えてくれるので、誰でも“一番風呂”なんです♪こういったサービスは全国的にも珍しいそうですよ。自分のためだけのプライベート温泉気分を味わえます。

松川屋那須高原ホテルへはどうやって行くの?

宿までのアクセスは、JR那須塩原駅(西口)または、JR黒磯駅から無料送迎バスを利用することができます。所要時間は、那須塩原駅からはバスで50分、黒磯駅からは、35分ほど。ご希望の方は、2日前までにホテルに予約が必要です。
また、東京からは車で約2時間ですから、十分日帰りも可能です。日帰り入浴は14:00~20:00まで受け付けているので、気軽に温泉を楽しみたいという方も是非ご利用ください。ただし、男女合わせて一日100名限定となっていますのでご注意ください。入浴料金は、平日1,200円、土日1,500円となっています。

■鹿の湯源泉かけ流しの宿「松川屋」那須高原ホテル
住所
栃木県那須郡那須町大字湯本252
電話番号
0287-76-3131
日帰り入浴時間
14:00~20:00
日帰り入浴料金
平日/1,200円、土日/1,500円
HP
http://www.matsukawaya.co.jp/

周辺のおすすめ観光スポット「沼ツ原湿原」を楽しもう

沼ッ原湿原

温泉を楽しんだ後は、那須高原の自然を満喫できる沼ッ原湿原(ぬまっぱらしつげん)へ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。沼ッ原湿原は、標高1,230メートルの場所に位置する、亜高山植物の宝庫です。昭和天皇はこの湿原を大変お気に召し、何度もおいでになったそうです。

ニッコウキスゲ

ここでは四季折々様々な植物を楽しむことができますが、中でも美しいのが6月下旬から7月中旬にかけて見られる、ニッコウキスゲの花。黄色の可愛らしい花を咲かせるニッコウキスゲが、湿原一面に咲き誇ります。黄色の花と森の緑、そして初夏の青空、この時期限定の美しいコントラストが見られます。湿原内は木道を歩いて一周できるようになっていて、30分程度で一周できます。標高が高いので、下界よりも涼しい爽やかな空気を感じながらの森林浴ハイキングが楽しめますよ。サルに遭遇することもあるとか。

※情報は記事公開日時点のものになります。