ここむんと

歩いて食べてパワーチャージ!大阪森ノ宮で緑いっぱい観光♪

大阪環状線や地下鉄中央線の停車駅にもなっている森ノ宮。大阪城にアクセスするのにもベストな駅です。
名前に「森」がついているように、周辺エリアを歩いていても緑の多さに気づかされます。
大阪城公園でたくさん歩いて、野菜たっぷりのごはんを食べて、神社でパワーチャージする、「グリーンな」旅行プランはいかがですか?

大阪のオアシス・大阪城公園で自然を楽しもう

大阪城公園

大阪の象徴といえば、大阪城です。その知名度はずば抜けており、まず旅程に加える方も多いと思います。大きな駅の京橋駅や、天満橋駅、谷町四丁目駅など最寄り駅が他にもたくさんあるので、アクセスもしやすいですよね。ただ、正門から入るなら森ノ宮駅からのアクセスが一番オススメ。大阪城公園駅だと裏から入ることになってしまいます。
大阪城公園は一周が3kmほどで、ジョギングや犬の散歩で利用している方が多い印象です。お昼寝したりビールを飲んでいるカップルもいたりして、それぞれが自由に楽しんでいます。
城内に入り天守閣からの眺めを楽しむのもよし、いつも屋台が出ているので食べ歩きを楽しむのもよし、のんびりピクニックをするのもよし。緑いっぱいの公園で、思うままに素敵な時間を過ごしてくださいね。

■大阪城公園
住所
大阪府大阪市中央区大阪城3−11
営業時間
24時間
定休日
なし
電話番号
06-6941-3044
HP
http://osakacastlepark.jp/

森ノ宮キューズモール内にあるグリーンなカフェで癒しのひとときを

Green Cafe

森ノ宮駅から徒歩数分のところに、森ノ宮キューズモールというショッピングモールがあります。森ノ宮キューズモールにはスポーツジムやランニングベースがあり、スポーツ系のショップも充実しています。全体的に健康志向な印象を受けますね。
エントランスを入ってすぐのところに、「Green Café」というレストラン寄りのカフェがあります。店内はスッキリとし、植物のグリーンにインテリアのカラーがよくマッチしています。メニューも、厳選された野菜を使ったお料理が多い、食材にかなりこだわっているそう。少しお高めですが、質のいいものを食べて体をクリーンにしましょう。
オススメはグリーンスムージーとチーズケーキ。食事でしたら牛肉とフォアグラのパスタが絶品です。
なお、向かいにもヘルシー系のレストラン「アスリート食堂」さんがあるのでそちらもぜひ。こちらもテラスでバーベキューができたり野菜たっぷりの定食が味わえたりと、自然の恵みを存分に楽しめるお店となっています。

■Green Cafe
住所
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央2-2-1-70
営業時間
9:00~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
定休日
不定休
電話番号
050-3462-5926
HP
https://r.gnavi.co.jp/fdjpbf9a0000/

緑いっぱいの神社でパワーチャージを

こちらも森ノ宮駅。森ノ宮キューズモールから少し歩いたところにある「鵲森ノ宮(かささぎもりのみや)神社」です。
森ノ宮、という地名の由来となった神社で、なんと聖徳太子の両親を祀っています。敷地の規模は小さくこぢんまりとした神社ですが、たっぷり生い茂る緑が神聖な雰囲気。グリーンパワーを吸い込んで、お願いごとだけではなく毎日の平穏に感謝しながら活力を頂戴しましょう。

■鵲森ノ宮
住所
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-14-4
電話番号
06-6941-9290
HP
http://www.morinomiya.net/

ベジカフェで体の中からキレイになりましょう

ベジ畑カフェ小町

たっぷり遊んだあとは、体にいい野菜たっぷりのごはんでグリーンパワーを体の内側から取り入れましょう。駅の目の前、大阪城正門の前にあるのでアクセスも楽々。階段をあがって二階の左手にあります。
玄米ごはんと野菜がウリで、海水塩や塩こうじなども使用。玄米茶やオーガニックジュースなど飲み物にもこだわってくれているのがうれしいですね。個人的には、オーガニックのレモネードとお麩のデザートがオススメ。
広々とした店内と、駅前を一望できる立地も素敵です。

■ベジ畑カフェ小町
住所
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-1
営業時間
11:00~21:00
定休日
年末年始
電話番号
06-6945-0831
HP
https://www.vegebatake-comachi.com/
※情報は記事公開日時点のものになります。
ここむんと
ここむんと
長野出身、大阪在住のライター4年目。トリドリでは関西メインで執筆中で、できるだけ自分で実際に歩いて撮った一次情報をシェアしています。旅の計画から帰宅後まで活用してもらえるコンテンツを目指して。