• 2017年7月18日 更新
  • 2,045views

Yokito

トリップアドバイザー発表の2017年版アジアベストビーチ!!ベスト3が聞きなれないので調べてみた♪

ビーチが待ち遠しい!

トリップアドバイザーが毎年発表している世界ベストビーチのアジア版、アジアベストビーチ25!この度2017年度版が発表されました。気になる上位のビーチですが、意外にも聞きなれないビーチばかり…。そこで今回はアジアベストビーチ3に選ばれた絶景ビーチを調べてみました!

1位:ラドハンガービーチ(Radhanagar Beach)/インド

ラドハンガービーチ
Photo credit: Joseph Jayanth via Visual hunt / CC BY

今年1位に輝いたのはインドのラドハンガービーチ!インド洋東部のアンダマン海に浮かぶハブロック島にあるコチラのビーチは、実はここ数年のベスト10の常連ビーチ♪大きく弧を描くように広がるビーチは、砂が非常に白く銀色に輝いて見えるほど!遠浅の海は淡いエメラルドブルーから濃い青色へのグラデーションを見せてくれます。

アジアのベストビーチ1位に輝きながらも、なかなかアクセスが難しいスポットとあって観光客は少なめ。アクセス方法は、まずインドのチェンナイ空港からポートブレア空港へ国内線で移動し、車で埠頭まで。そこからフェリーでハブロック島に入るというルートになっています。

■ラドハンガービーチ

2位:ホワイトビーチ(White Beach)/フィリピン

ボラカイ島

美しい大自然がそのままの形で残るフィリピンのボラカイ島。近年、日本人観光客に人気のボラカイ島に、2位に輝いた「ホワイトビーチ」があります。ボラカイ島はフィリピンの首都マニラから南に200kmの場所に位置し、なんと約4kmにも及ぶ長~いビーチ。海の透明度はもちろんのこと、どこまでも広がる白い砂浜は息を呑むほどの絶景!こんな美しいビーチが地球上にあるのかと目を疑います!

ちなみにホワイトビーチは2015年度のアジアのベストビーチNo.1に選ばれた場所なんですよ♪さらに、こちらの海は潜ればサンゴ礁や熱帯魚の宝庫となっています。 このビーチへは、まずフィリピンの首都マニラまで行き、国内線でカティクラン空港(ボラッケイ空港)へ。そこからカティクラン港に移動し、ボートを使ってボラカイ島にアクセスするのが一般的となっています。

■ホワイトビーチ

3位:ガパリビーチ(Ngapali Beach)/ミャンマー

ガパリビーチ

昨年のアジアのベストビーチ1位に輝いたのが、実はこの「ガパリビーチ」。ミャンマー随一のビーチリゾートとして注目され始めていますが、観光開発はまだこれから。手付かずの美しい自然が残る秘境ビーチとして大切に保護されています。どこまでも透き通ったエメラルドグリーンの海は、開発途中のミャンマーだからこそ!観光客の少ないオフシーズンには、この絶景を独り占めできちゃうかも。

荷物を運ぶ女性

ガパリビーチへのアクセスは、ヤンゴン空港から国内線で約50分ほどのタンドウェ空港へ。そこから車で10分ほどでガパリビーチに到着です。近隣にはプライベートビーチを持つリゾートホテルやコテージもあるので、是非とも利用してみましょう!

■ガパリビーチ
ニシ浜ビーチ

アジアのベストビーチトップ3はいかがでしたか?ちなみに4位にはタイのナイハーンビーチがランクイン♪残念ながら日本のベストビーチ2017の1位である沖縄・波照間島の「ニシ浜ビーチ」はベスト25には届かずでした…。
夏のビーチリゾートを考えている方は、ベストビーチランキングを参考にプランを練ってみてはいかがですか?

アジアベストビーチ25
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。