海外旅行プランを立てるときに知っておきたい豆知識。「オープンジョー」ってどういう意味?

海外旅行をツアーでなく個人旅行で楽しみたいと思ったとき、まず格安航空券を検索しますよね。そのときに「オープンジョー」という用語を目にしますよね。この「オープンジョー」の意味を知って、より自由で満足できる海外旅行プランを立ててみませんか?

「オープンジョー」とは?

成田空港

「オープンジョー」とは、行きの現地到着空港と、帰りの現地出発空港が異なるルートのことです。複数の都市を巡りたいとき、着いた空港とは違う空港から帰る予定を立てることになりますが、移動を飛行機だけで巡る「周遊型」ルートとは異なり、都市間の移動は自由となります(費用は各自負担)。つまり、飛行機だけで巡るルートではなく、現地の列車移動などを組み込んだ自由な旅行がプランニングできるのです。

ヨーロッパのモデルルートはこちら

パリ

例えば、日本からヨーロッパに出かけるとき、パリとロンドンに行くとします。「周遊型」なら、日本→(飛行機)→パリ→(飛行機)→ロンドン→(飛行機)→日本となります。「オープンジョー」の場合、日本→(飛行機)→パリ=(列車)=ロンドン→(飛行機)→日本というプランが立てられるのです。格安航空券で周遊する場合、1つの航空会社でつなぐことが一般的ですので、プランを立てるときにはそこに注意しましょう。

アジアのモデルルートはこちら

シンガポール

アジアを旅行するなら、例えばこういうルートはいかがでしょうか。日本→(飛行機)→バンコク=(列車)=シンガポール→(飛行機)→日本というルートです。「オープンジョー」の特性をうまく利用すれば、2都市だけでなく3都市を巡るルートもできます。また、成田出国、関空帰国というパターンも「オープンジョー」と呼ばれます。日程やルートを上手に調整すれば、とても自由な海外旅行が楽しめますよ。

■関連記事はこちら
事前に搭乗手続きができる「インタウンチェックイン」を利用して、帰国当日の時間を有効に使おう!
旅上手な子はみんな使ってる♪「ストップオーバー」を利用して海外旅行を欲張っちゃおう!

※情報は記事公開日時点のものになります。