今度の海外旅行は少し奮発して、フライト時間を快適に!「プレミアムエコノミークラス」を予約してみない?

海外旅行に出かけるとき、ファーストクラスやビジネスクラスには手が出ないけれど、いつものエコノミークラスより少し奮発して、「プレミアムエコノミークラス」を予約してみませんか?各航空会社が続々と導入している「プレミアムエコノミークラス」のサービスをご紹介しましょう。

「プレミアムエコノミークラス」はココが違う!

飛行機

「プレミアムエコノミークラス」と「エコノミークラス」の違いは座席だけだと思っていませんか?確かに、プレミアムエコノミークラスは、広いシート、ゆとりある座席ピッチ、レッグレストやフットレスト、大型モニター、USBポート、電源など、ワンランク上のより快適な座席となっています。それに加え、空港でのラウンジ利用、優先チェックイン、優先搭乗、入国審査のファーストレーン使用、優先手荷物取扱い、機内食やドリンクサービスのグレードアップ、アメニティグッズなど、航空会社によっていろいろ嬉しい特典がついてきます。主な航空会社のサービスを比較してみましょう。

JALとANAの「プレミアムエコノミークラス」を比較

JALのプレミアムエコノミーは、その名も「JAL SKY PREMIUM」。座席の前後間隔が約10cm広く、リクライニング時にも前席の背もたれが倒れてくることがなく、快適な空間を確保できます。出発までのラウンジ利用、専用チェックインカウンター利用、エコノミークラスの機内食に加えての間食サービスやドリンクサービスがあります。ANAの「プレミアムエコノミー」は、優先手荷物サービス、ラウンジ利用、エコノミークラスの機内食に加えてスパークリングワインやデザートなどのサービスがあります。

海外の航空会社のプレミアムエコノミークラスは?

海外の航空会社も、続々とプレミアムエコノミークラスを導入しています。アメリカン航空では、優先チェックイン、保安検査場の優先レーン、優先搭乗が利用でき、ワイン、ビール、スピリッツが無料サービス。エア・カナダでは、優先搭乗、優先チェックイン、受託手荷物の優遇取り扱いのほか、ワイン、スピリッツの無料サービスがあります。ルフトハンザでは、荷物許容量のアップ、食事がメニューカードから選べて陶器の食器で提供されます。ブリティッシュエアウェイズでは、荷物許容量のアップ、無料のバーサービス、アメニティーキットがついています。シンガポール航空では、優先チェックイン、優先搭乗、優先手荷物取扱いのほか、「ブック・ザ・クック」のメニューから食事を予約することができます。

プレミアムエコノミークラスの導入路線とサービスは、航空会社によって各々異なりますので、前もってよく確認して予約してくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。