京都市内の観光を快適に楽しむための厳選アイデア5選

世界中でも大人気の観光都市、京都。あまりの見どころの多さに何度行っても不完全燃焼に終わってしまうような、魅力のつきないエリアです。今回は京都市内の快適な旅を楽しむアイデアを5つご紹介します。

お目当ての抹茶スイーツはオープン前から狙うべし!

かき氷

京都といえばお抹茶。今、海外でも大人気の抹茶スイーツは、もちろん京都市内でも大人気です。有名店はたくさんありますが、駅直結でアクセスがらくちんな「茶寮 都路里(つじり)」がオススメ。京都伊勢丹の6階にあります。
「茶寮 都路里」では抹茶かき氷やぜんざいをいただくことができます。抹茶かき氷はシロップやアイスの種類を選ぶことができ、白玉はかたくならないようにという配慮から別の小皿で出てきます。こまやかな気遣いがとても嬉しいですね。
なんとなく気になったお店に入るのも冒険性があっていいけれど、ガッツリ旅を楽しむならやはり計画性のあるほうがスムーズ。カフェや喫茶店は午後は混み合いますので、空いている午前中に行くと、一日の時間を有効に使えますね。

■茶寮都路里
住所
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町JR京都伊勢丹6階
営業時間
10:00~22:00
定休日
なし
電話番号
075-352-6622
HP
http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/

規模の小さい展覧会を見に行こう

美術館

「京都国立近代美術館」のように大規模な展覧会が開催される美術館・博物館は、とくに土日になると混雑し、時間ロスが生じることも。そこで、ここはあえて小規模の展覧会に行ってみませんか?
美術館自体は大きくないものの、円勝寺近くの「京都市立美術館」は2016年にはダリ展が開催されました。美術館自体は小さくても意外といい展覧会を開催していたりすんるですよ。できるだけ午前中やお昼時の見学がオススメです。

■京都市立美術館
住所
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
営業時間
9:00~17:00
定休日
月曜日
電話番号
075-771-4107
HP
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/

お寺や清水通など人気寺院は早朝に行ってみよう

平安神宮

京都といえば、何といってもお寺と神社ですが、どこも混雑しているというイメージですよね…。
そこで、朝早くから開いている寺社や早朝の清水通をおすすめします。
また、平安神宮はなんと朝6時から開いている早起きのお宮さんです。赤い塗りと白い砂利のコントラストがとても美しく印象的。
さらに敷地の広い寺社をえらべば、人口密度の高さに辟易することもありません。

■平安神宮
住所
京都府京都市左京区岡崎西天王町97
営業時間
6:00~18:00
定休日
なし
電話番号
075-761-0221
HP
http://www.heianjingu.or.jp/

大学の食堂に行ってみよう

京大食堂

京都大学には外部の方も利用できるレストランがあるのをご存じですか?
「カンフォーラ」さんはむしろ外部の方が利用するレストランといえます。パスタにカレーと定番の洋食が多め。ただ、京大第24代総長プロデュースの「総長カレー」は他にはない味です。けっこう辛いので苦手な方はご注意を。そしてなんと学校なのにビールも飲めちゃいます。京都大学のシンボルの時計台を見ながらオシャレランチをどうぞ。
レストランや食堂目的でなくても、各大学のキャンパスを旅程に入れるとひと味違う旅になって面白いですよ。学生さんも社会人も楽しめるでしょう。

■京都大学カンフォーラ
住所
京都府京都市左京区吉田本町
営業時間
月~金 11:00~21:30
土・日 11:00~15:00
定休日
不定休
電話番号
075-753-7628
HP
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/coop/camphora.html

鴨川で遊ぼう

鴨川

映画やアニメのロケ地にもなった鴨川の三角州、鴨川デルタは座れる岩がたくさんある浅瀬なのでオススメ。もし、人が多かったら別のエリアに移動すればオッケー。鴨川で上流に行くほど水が冷たいことに気づくのも良いものです。

鴨川と水遊びと京都ビール

近くのコンビニなどで京都地ビールをゲットして、足を川でジャブジャブさせるのが最高。寒い時期はコーヒーやおでんをお供に冷気のなかでぼんやりするのもオツです。
街中の古本屋さんで買った本を読むのもいいかもしれません。たまにお昼寝している大胆な人もいますよ。
こちらは夕暮れ時に訪れるのが一番いいでしょう。

※情報は記事公開日時点のものになります。
ここむんと
ここむんと

長野出身、大阪在住のライター4年目。トリドリでは関西メインで執筆中で、できるだけ自分で実際に歩いて撮った一次情報をシェアしています。旅の計画から帰宅後まで活用してもらえるコンテンツを目指して。