ここむんと

大阪の定番ハイキングスポット・箕面(みのお)をさらに楽しむ旅プラン

定番ハイキングコースの大阪箕面の滝道。初夏や紅葉の時期には、とくに観光客が増える人気スポットです。今回はちょっと知っておくだけで、ハイキングのスパイスになるようなひと工夫をお教えします。
ゴールの箕面大滝までは所要時間40分程度とかなりイージーなコース。アスファルト道が続くので、スニーカーでサクサク進めます。とはいえ草木が多いため、夏場は特に虫対策になる服装が必要です。
また足湯や温泉もあるので、脱ぎ着しやすい恰好だとより楽しむことができます。

箕面駅前を楽しむひと工夫

ア・ビアント アビアント

阪急電鉄の箕面駅に到着したら、まずは駅併設の足湯に入ることをオススメします。観光案内所と一緒になっており、旅の強い味方的な場所ですね。親切で気持ちいい接客をしてくださる受付の方から、足を拭くためのタオルを100円でゲットできます。部屋の端にある水道で足を洗ってからいざ入浴。木と湯気の香りに癒されますね。駅で水やレモネードなどのドリンクを買って飲みながら入浴すればもっと素敵な時間になるはず。
ほっこり温まったら、パン屋さんの「ア・ビアント アビアント」さんに行きましょう。本店は箕面の南に位置する豊中の桃山台にありますが、支店はここだけ。イートインスペースは広々としていてなんとなく落ち着きます。サンドイッチやダノワーズがメインのようで見た目も鮮やかなパンが多いですが、お値段は良心的。
さらに駅前には、地域のゆるキャラ・「滝ノ道ゆずるくん」がデザインされたマンホールも。カラフルでかわいいので合わせてチェックしてみて。

■ア・ビアント アビアント
住所
大阪府箕面市箕面6-2-2 サンプラザ2号館1階
営業時間
パン・イートインは8:00~18:00
バルは17:30~19:00
定休日
不定休
電話番号
072-725-8060
HP
http://a-bientot.co.jp/shop03.html

バーテラスで箕面ビールを堪能しましょう

bar-heart

滝道を進むと、左手のほうに「BAR-HEART」さんがあります。目印は入口に並べられた大量の本とCD。
テラス席では、箕面川を見下ろしながら、全国的にも有名な地ビール「箕面ビール」各種を楽しむことができます。テラス席はテーブルがひとつだけなので混雑には注意して入店してくださいね。
冷え冷えのグラスで瓶の地ビールを飲む、最高のランチタイムの完成です。

bar-heart
■BAR-HEART
住所
大阪府箕面市箕面1-4-3
営業時間
17:00~23:30
定休日
日曜日
電話番号
072-722-1886
HP
https://www.facebook.com/mino.heart.naomi/

意外なフォトジェニックスポットのお寺へ参拝

瀧安寺

ハイキングコース中間地点くらいのところに、赤い橋が目印のお寺「瀧安寺(りゅうあんじ)」があります。宝くじ(富くじ)発祥のお寺です。弁財天をお祀りしています。
箕面は猿の生息地であり、境内には猿のモチーフがあちこちに。
とくに「石の上にも三年」の石は、インスタグラムで目立ちそうなインパクトです。また、赤い橋の下の道路から同伴者を撮るとグッド。赤と木々の緑とのコントラストがとても美しいですよ。
参拝にも「オシャレ」「可愛い」があってもいいのではないか、そう思わせてくれるお寺ですね。

■箕面山 瀧安寺
住所
大阪府箕面市箕面公園2-23
営業時間
9:00~17:00
定休日
なし
電話番号
072-721-3003
HP
http://www.nanokaichi.com/ryuanji/

箕面の滝とグルメを夕方に楽しむ

箕面の滝

日本の滝百選にも選ばれている、箕面大滝。朝・昼のハイキングが定番ですが、ここでは夕方のハイキングをオススメします。日中とは違った滝の表情を楽しみましょう。箕面の滝ライトアップの時期だと滝道も照明が多く歩きやすいので、夜こそオススメです。しかしそれ以外の時期は、真っ暗な山道でひと気もないので避けましょう。
オススメグルメは、箕面大滝近くでおばあちゃんが売っいる鹿肉バーガー。このバーガーを頬張り箕面ビールを飲みながら滝を眺める時間は最高です。ベンチがたくさんありますが、特等席は滝の目の前の岩。水しぶきがかかるくらいの距離で自然のミストシャワーを浴びてみて。

■箕面大滝
住所
大阪府大阪市港区弁天1-2-4
営業時間
10:00~23:00
定休日
なし
電話番号
06-6577-1242
※情報は記事公開日時点のものになります。
ここむんと
ここむんと
長野出身、大阪在住のライター4年目。トリドリでは関西メインで執筆中で、できるだけ自分で実際に歩いて撮った一次情報をシェアしています。旅の計画から帰宅後まで活用してもらえるコンテンツを目指して。