• 2017年8月1日 更新
  • 57views
  • Yokito

Yokito

夢のアメリカ大陸横断!広大なアメリカを結ぶ列車「アムトラック」で感動の旅を実現させよう☆

電車旅イメージ

いつの時代も海外旅行先として人気の高いアメリカ。「いつかはアメリカ大陸を横断してみたい」と思っている方もいるのでは?ですが、飛行機か車でしか各都市の移動ができないイメージはありませんか?そこでアメリカ大陸横断旅行の新しい方法「アムトラック」を利用した旅をご紹介いたします♪

全米に通じる列車「アムトラック」って、どんなもの?

アムトラック

アメリカというと電車が走ってるイメージはあまりないですが、実は全米の主要都市を網羅するアムトラック(Amtrak)という大陸横断列車があるんです☆1971年に設立されたアムトラックは、アメリカ全土に伸びる貨物路線を使った旅客列車です。上手に利用すればアメリカ大陸を電車で横断することができちゃうんですよ☆

アムトラック内部
Photo credit: Atomic Taco via Visual Hunt / CC BY-SA

乗り方は一般的な列車と同じで、一定区間もしくはパスチケットを購入し、乗車するというもの。長距離路線であれば1日1本程、短距離であれば1日2~3本と本数は少ないながら快適な電車の旅が楽しめます。チケットはオンラインで購入することができ、乗車駅や到着駅、日程などを打ち込み、予約が完了したら、当日、駅で直接チケットを受け取り乗車します。また使用日数に応じて購入したレイルパスは、オンラインで購入したら、購入履歴などが書かれたバウチャーを印刷し、駅でチケットと交換してもらいます。

大陸横断の列車、気になるその実態とは?

ダイニングカー
Photo credit: rickpawl via VisualHunt.com / CC BY

では早速アムトラックで利用する列車を見ていきましょう!一例としてご紹介するのはサンフランシスコからシカゴ間を走る長距離列車「カリフォルニア・ゼファー号」。4000kmを約51時間かけて横断する長旅となるコチラの車両では食堂車やラウンジカー、スナックバーなどがあり、ベッドが付いた寝台車も用意されているんです☆

この寝台車利用の際は、乗車チケット+寝台車料金で利用することができます。ちなみに寝台車には朝昼晩の食事もセットなので、食堂車にて雄大な車窓の景色と共に美味しい食事が楽しめます。追加料金は800ドル~と少々高めですが、クオリティには定評があるんですよ☆

飛行機では味わえない列車旅の醍醐味。アメリカ全土の風景を目に焼き付けよう!

飛行機は短時間かつ低価格、ですがアメリカ全土の街並みや風景を見ることはできませんよね。でもアムトラックを利用すれば、アメリカの雄大な原風景や都会的な風景、のどかな風景など様々な景色を見ることが出来るんです♪映画やドラマで見たイメージ通りの景色に出会えれば、感動もひとしお!これぞ列車旅の醍醐味ですよね。

次回のアメリカ旅行はひと足違った電車の旅を楽しんでみませんか?

アムトラックの路線図や時刻表は公式ウェブサイトから!
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。