名古屋に行くならぜひここに♪定番だけど魅力いっぱいの観光スポット4つ!

実は織田信長や徳川家康の出身地ということをご存じですか?戦国時代のヒーローを産んだ愛知県名古屋市には歴史好きの方はもちろん、そうでない方も楽しめる魅力がたくさんあるんです。

ちょっとディープ?400年の歴史を持つ「大須商店街」と「大須観音」を散策しよう

大須商店街 アーケード ちょうちん

徳川家康によって移設された大須観音の門前町として栄えた大須。大正時代には大須商店街が誕生し、現在ではエリア内に約1,200もの店舗・施設があり賑わいをみせています。 ファッション・グルメに留まらず、サブカルチャーやインポートグッズなど年齢・性別・国籍を問わないバラエティ豊かな商店街を、ぜひ散策してみてくださいね♪

この界隈には、古くから大須の街を見守ってきた大須観音があります。聖観音が奉られており、本堂は荘厳そのもの。東京都の浅草観音、三重県の津観音と並び、日本三大観音に数えられています。

■大須商店街
■大須観音
住所
愛知県名古屋市中区大須2-21-47

戦国武将・織田信長を勝利に導いた名古屋屈指のパワースポット「熱田神宮」。

熱田神宮

日本神話に登場する三種の神器の一つ、草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御神体とする熱田神宮。1560年、桶狭間の戦いの前に織田信長がここで祈願し見事勝利、戦国武将としてその名を馳せたのでした。圧倒的に不利とされた信長を勝利に導いた熱田神社のご利益。そのパワーを授かろうと訪れる方も多いのだとか。

■熱田神社
住所
愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
営業時間
9:00~17:30
定休日
無休
電話番号
052-671-4151(受付時間8:30~16:30)
HP
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

徳川家の邸宅が残る「徳川園」。四季折々の移ろいを感じる日本庭園が魅力♪

川園 黒門 大名庭園

1695年に徳川家康の孫、光友が隠居場として建てた徳川園。1945年の大空襲で一部消失するも、徳川家の邸宅の様子を残す建物が登録有形文化財に登録されました。

風光明媚な風景を切り取ったようなこの庭園は、江戸時代に主流だった池泉回遊式の日本庭園です。園内を四季折々の花が彩り、ゆっくりとした時間が過ごせそう。

■徳川園
住所
愛知県名古屋市東区徳川町1001
開園時間
9:00~17:30(最終入園17:00)※催事により変更あり
料金
大人(高校生以上)/300円、中学生以下/無料
休園日
月曜日(祝日の場合、翌日)、12月29日~1月1日
電話番号
052-935-8988
HP
https://www.tokugawaen.aichi.jp/

金のシャチホコで有名な名古屋城は、やっぱり名古屋の定番!

名古屋城

名古屋のシンボルマークと言えば名古屋城ですよね♪徳川家康が天下統一の為に建てた名古屋城は、1945年の空襲でそのほとんどが消失。現在は再建され、天守には城に関する資料や当時の生活についての展示がされています。最上階の展望室からは、名古屋の街を見渡すことができるのでオススメですよ♪

城内の広場では毎日、戦国武将に扮した「名古屋おもてなし武将隊」の演舞を見ることができます。名古屋城を背景に一緒に写真を撮ったり、戦国時代トークを聞いてみたりと、ぜひおもてなしを受けてみて下さいね♪

現在、空襲により焼失した天守の木造復元計画が進められています。当時の材料・手法で復元するという壮大な計画!並行して2018年春の完成を予定している名古屋の美味しいものを集めた「金シャチ横丁」の建設計画も進行中です。
今後の名古屋城から目が離せませんね!

■名古屋城
住所
愛知県名古屋市中区本丸1-1
営業時間
9:00~14:30(天守閣・本丸御殿のご入場は16:00まで)
料金
大人(高校生以上)/500円、中学生以下/無料
休園日
12月29日~31日、1月1日
電話番号
052-231-1700
HP
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
※情報は記事公開日時点のものになります。