トリドリ編集部

雲海に包まれる天空の城「越前大野城」 幻想的な風景が見られるその条件とは?

福井県大野市にある「越前大野城」は、標高約249mの亀山に築かれた城です。大野盆地に広がる城下町が雲海に包まれたとき、「越前大野城」は“天空の城”と呼ばれる幻想的な姿を私たちに見せてくれます。この“天空の城”の絶景が見られる条件をご紹介しましょう。

越前大野城とは?

大野城

「越前大野城」は、天正3年 (1575) 頃、織田信長より大野郡の3分の2を与えられた初代当主・金森長近により、5年の歳月をかけて築城されました。日本城郭協会が定める「続日本100名城」にも選定され、県の史跡にも認定されています。現在、亀山は史跡公園として整備され、 頂上にある天守からは、遠く白山連峰、眼下に北陸の小京都と呼ばれる市街地を一望することができます。本丸の見どころは、「お福池」「百間坂」「亀山観音石仏」などがあります。

雲海に包まれた越前大野城を見るスポットとは?

大野城 紅葉

雲海に包まれた天空の城「越前大野城」の姿は、越前大野城の西、約1kmにある犬山(戌山(いぬやま)城址 標高324m)の南出丸下から見ることができます。この絶景撮影スポットに行くには、3つの登山ルートがあります。そのなかで、鍬掛(くわかけ)コースが比較的難易度が低く、おすすめです。所要時間は、国道158号側道入り口から約20分です。専用の駐車場はなく、 付近のホームセンター、スポーツショップ、ショッピングモールの駐車場を利用することになります。登山道を徒歩で登るので、登山の準備をおこたりなくお願いします。

雲海の出る時期、条件とは?

大野城 朝霧

雲海に包まれる「越前大野城」の姿は、めったに見られない風景です。雲海が出る時期は10月~4月、11月頃が最も出やすいと言われています。時間は、明け方から午前9時頃まで。気象条件は、前日の湿度が高いこと、前日の日中と翌日朝方の気温差が大きいこと、風が弱いことなどです。このように、条件がそろわないと見られない希少な風景です。「福井県大野市 地域おこし協力隊」が、撮影できた風景をフェイスブックで公開しています。

■越前大野城
住所
福井県大野市城町3-109
開館時間
4月~9月9:00~17:00 10月~11月9:00~16:00
休館期間
12月1日~3月31日
入館料
大人200円 中学生以下無料
HP
http://www.onocastle.net/
※情報は記事公開日時点のものになります。