トリドリ編集部

富士サファリパークの「スーパージャングルバス」「ナイトサファリ」で大迫力の猛獣体験!

「富士サファリパーク」は、静岡県裾野市にあるサファリパーク形式の動物園。車に乗って園内を巡回し、開放的に飼育されている動物を観察することができます。特に人気なのは、天井部分も金網になっている「スーパージャングルバス」と、夜の動物を観察できる「ナイトサファリ」。猛獣を間近で見られる「富士サファリパーク」をご案内しましょう。

「サファリゾーン」と「ふれあいゾーン」の二つが楽しめます!

富士サファリパーク

「富士サファリパーク」には、のびのび暮らしている動物たちを車のなかから観察できる「サファリゾーン」と、かわいい動物たちにエサをあげたりふれあったりできる「ふれあいゾーン」があります。「サファリゾーン」は、富士山を背景に所要時間約50分のドライブコースです。「ふれあいゾーン」は、ふれあい牧場とどうぶつ村の2つのエリアに分かれていて、イベントも開催されています。 昼の入場料金は、大人2700円、小人1500円、シニア2000円、3歳以下無料となっています。

■富士サファリパーク
住所
静岡県裾野市須山字藤原2255−27
営業時間
昼のサファリ9:00~17:00(時期により異なる) ナイトサファリ17:30~19:30(時期により異なる)
定休日
無休
HP
http://www.fujisafari.co.jp/index.html

天井まで金網の「スーパージャングルバス」でエサあげ体験!

「富士サファリパーク」で特に人気なのが、天井部分まで金網仕様の「スーパージャングルバス」です。頭上から迫ってくる猛獣たちに、エサをあげる体験ができます。1日3回の毎日運行で、参加チケット(2000円)はWeb予約制となっています。1周所要時間は約60分、定員は20名、小学生以上が対象です。なかなか見られないライオンの顔、舌、肉球などを、間近で見ることができますよ。

夜行性の肉食獣を観察できる「ナイトサファリ」

「富士サファリパーク」のもうひとつの人気イベントは「ナイトサファリ」です。ライトアップされた園内を、マイカーやナイト動物バスに乗って、サファリゾーンの野生動物を見学します。夜行性のライオンやアムールトラなどの肉食獣は、夜にとても活動的になります。開催日は10月29日までの土日祝(7月22日~8月27日は毎日開催)、ナイトサファリのみの料金は1人1700円、昼から継続料金は1人1000円となっています。幻想的な夜のサファリをぜひ体験してみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。