トリドリ編集部

ブラックのボディーがかっこいい!利用してみたいエアライン「スターフライヤー」をご案内♪

ブラックの機体がとてもスタイリッシュだと話題のエアライン「スターフライヤー」は、拠点が北九州空港の航空会社です。現在、羽田と北九州、福岡、関西、山口宇部、名古屋と福岡、北九州と那覇を結ぶ路線が就航しています。機内もサービスもおしゃれな「スターフライヤー」をご紹介します。

「スターフライヤー」設立日の秘密

空港から飛び立つスターフライヤー
Photo credit: tsuna72 via Visualhunt / CC BY

「スターフライヤー」の設立日は、2002年12月17日。この日は、ライト兄弟のフライヤー号初飛行からちょうど100年目の日なのです。「スターフライヤー」は、「安全運航のもと、人とその心を大切に、個性、創造性、ホスピタリティをもって『感動のあるエアライン』であり続けること」を理念として設立されました。ライト兄弟が抱いた、飛行機への夢と情熱を引き継いでいる航空会社なのです。

コーポレートカラーは「黒」

スターフライヤー 機体

「スターフライヤー」のコーポレートカラーは「黒」。漆黒の機体がかっこいい!と、とても話題になっています。黒は太陽光を吸収するため、精密機械の塊である航空機には適さないと、機体カラーに黒を使うことを敬遠していた航空業界の中で、その試みはまさに異端でした。その後、機体の安全性が確認され、ブラックのスタイリッシュなボディーが実現したのです。

座席も紙コップも「黒」で統一

「スターフライヤー」の機内も、スタイリッシュな「黒」で統一されています。座席は全席レザーシート、シートピッチ(座席間隔)にゆとりを持たせた設計です。ヘッドレスト、フットレストが付いているほか、コンセント、USBポート、液晶パネルなどの設備も充実しています。機内でサービスされるコーヒーは「タリーズコーヒー」のオリジナルブレンドで、なんと紙コップまで「黒」というこだわり。ホテルのラウンジのような高級感を感じながら、快適なフライトを楽しめます。

※情報は記事公開日時点のものになります。