トリドリ編集部

ホテル予約の参考に!「オーシャンフロント」と「オーシャンビュー」の違いとは?

ビーチリゾートに旅行の時、気になるのが部屋からの眺め!同じホテルでも部屋のタイプによって海の見える角度や大きさが全然違うのはご存知ですか!?今回は、ホテルの予約に役立つ、お部屋の眺望タイプについてご紹介します。

最も海が見えるのは「オーシャンフロント」

ハワイのビーチリゾートの画像

海が望める部屋の中で、最高位に位置するのが「オーシャンフロント」。「フロント=前」を意味するように、部屋の正面に海が見えるようになっています。窓一面に海が広がる眺めはとても気持ちがいいものです。そのため、料金も他の部屋タイプに比べて高めに設定されているところが多いですが、予算に余裕があるならぜひ一度は泊まっていただきたい部屋タイプです♡

人気の高い「オーシャンビュー」

オーシャンビューのホテルの画像

オーシャンフロントに比べて眺めの良さは劣りますが、それでも海が見えることが約束される部屋が「オーシャンビュー」。バルコニーの有無や、眺望などによって料金が異なる場合が多いです。ここで注意が必要なのが「パーシャルオーシャンビュー」という部屋タイプ。「パーシャル=一部の、部分的な」という意味なので、この場合は、“客室の窓からの景色の一部に海が見える”程度の眺望となります。なんとか海が見えるくらいなので、この部屋から望める海の景色に期待しすぎるのは…控えてくださいね。

番外編・その他の客室タイプ

ここからは、海以外の眺望をウリにしているものでこんな客室タイプもあります、という事でご紹介!まずは街並みを一望できる客室タイプとして、美しい景観の街に立地するホテルに設定の多い「シティビュー」。庭に面している客室の「ガーデンビュー」は、美しく手入れされた庭園を目玉にしている部屋タイプです。山に面した「マウンテンビュー」は高原リゾートなどで人気の客室タイプ。それぞれ旅行のシーンなどによって、最適な客室タイプを選んでみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。