• 2017年9月5日更新
  • Yokito

台湾に新たなインスタスポット登場!!陶器の街で見て、作って、オシャレな写真をアップしよう♪

Photo credit: Jirka Matousek via Visual hunt / CC BY

フォトジェニックなスポットがたくさんあり、女子旅でも大人気の台湾!屋台グルメや九份などの人気スポットを訪れるのも楽しいですが、滞在期間中、1日くらいはゆったりと過ごしてみては?そんな一日にピッタリなのが「鶯歌老街(インガーラオジエ)」なんです♪

最近話題の「鶯歌老街」って、どんなところ?

鶯歌老街の陶器店
Photo credit: Jirka Matousek via Visual Hunt / CC BY

今回ご紹介する「鶯歌老街(インガーラオジエ)」とは台北から少し離れた場所にある、陶器で有名な街。素朴な街並みが可愛いこの場所は陶器屋さんが軒を連ねており、お手頃価格の実用品からこだわりの一品まで様々な種類の陶器が手に入ります。

陶器は購入するだけではなく、自分好みの作品を作れる陶芸体験に参加することも可能!またこの街にある「鶯歌陶磁博物館」では鶯歌老街ならではの陶器の歴史や製造工程なども見学できるので、オススメの観光スポットとなっています☆

可愛い陶器と一緒にとっておきの写真を!「三鶯芸術村」に行ってみよう♪

そんな鶯歌老街でオススメしたいフォトジェニックなスポットの一つが三鶯芸術村(サンイン・アート・ビレッジ)。この施設では陶器を使ったアートで楽しむという新しい体験ができ、珍しい陶器もたくさん展示されています。

中でもこの施設の「三鶯之心」の広場部分には大きなお皿や陶器で出来た巨大なオブジェなどがありインスタ映えバッチリ!フォトジェニックな写真をたくさん撮ってアップしちゃいましょう☆また施設近辺はサイクリングロードが整備されているので、レンタル自転車で散策するのもオススメですよ♪

鶯歌老街へはどうやってアクセスすればいいの?

「鶯歌」駅
Photo credit: billy1125 via Visual hunt / CC BY

鶯歌老街へのアクセス方法ですが、タクシーを使うよりも電車+徒歩がオススメ。台北駅から縦貫線に乗り「鶯歌」駅まで約30分。ここからは歩いて南西へ進み、川を渡って少ししてから右側に進むと鶯歌老街に着きます。徒歩で約15分ですが、タクシーを利用して行くのもお手軽です♪

台北近郊の新たなインスタスポットとして人気の鶯歌老街!次回の女子旅の候補地に是非入れてくださいね!

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito

大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も”人生は旅である”と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。