• 2017年9月8日 更新
  • 219 views
  • Yokito

Yokito

スペイン・コルドバで出会える建築美♪世界遺産「メスキータ」に恋をする!!

スペインといえばマドリッドやバルセロナ。ですが、実は他にも魅力的な都市がたくさんあります☆中でも人気が高いのがスペイン南部のアンダルシア地方にある「コルドバ」。今回はそんなコルドバを代表する世界遺産「メスキータ」についてご紹介いたします♪

コルドバの世界遺産「メスキータ」って、どんな場所?

メスキータ内部

スペインの南部を代表する観光都市「コルドバ」。街中にはイスラム文化を感じさせる建築物が数多くあり、スペインの中でも一際異彩を放つ歴史的な街として知られています。そんなコルドバを代表する世界遺産こそが、スペイン語で「モスク」を意味する「メスキータ」。

メスキータ遠景

このメスキータの工事が始まったのは西暦786年のこと。この頃コルドバはイスラム王朝の後ウマイヤ朝によって支配され始めたばかりで、当時の最高指導者アブデラマン一世によって造られました。その後も増築を重ねて世界最大級のモスクとなったメスキータですが、13世紀にキリスト教支配下となってからは、今までのイスラム様式のモスクにキリスト様式の建築デザインが混合していくようになったんだそう!

絶対に押さえておきたいメスキータの見どころ3選♪

そんなイスラム様式とキリスト様式が混じり合った美しいメスキータは見どころが満載◎中でも絶対に抑えておきたい見どころ3選について見ていきましょう!

円柱の森

見どころ1 紅白のアーチが美しい「円柱の森」
メスキータの中で最も有名な場所として知られるのが、赤と白のアーチがどこまでも広がる幻想的な空間「円柱の森」。イスラム様式ならではの建築美を感じさせるこの2段構造のアーチは現在約850本程ですが、最盛期は1000本もあったんだとか!緻密なデザインで構成された空間に、思わず感動してしまうはず♪

見どころ2 イスラム教徒のための祈りの場「ミフラーブ」
イスラム教徒の祈りの場「ミフラーブ」も見どころの一つ!メッカの方向に向けて祭壇が立てられた祈りの空間は神聖な場所として扱われており、壁にはイスラム教の聖典コーランの一部が記されています。また、天井部分には美しい幾何学模様の装飾が施されているので要チェックですよ☆

マヨール礼拝堂

見どころ3 キリスト教徒によって造られた「マヨール礼拝堂」
キリスト教徒によって造られた「マヨール礼拝堂」は、上記のミフラーブと向かい合う形で造られた大聖堂内にあります。この大聖堂は完成まで250年を費やした為、同じ空間の中にルネッサンス様式やスペイン・バロック様式など、同じキリスト建築でも異なるデザインが混合しているのが特徴となっています。礼拝堂の天井はメスキータよりも高く、ミフラーブ同様美しい装飾が施されています☆

コルドバの街並み

メスキータ以外にもユダヤ人街やローマ橋など美しい観光スポットがたくさんあるコルドバ!マドリッドからはAVEという高速列車で2時間弱で到着できるので、日帰り観光で訪れるのもオススメですよ♪

■メスキータ
住所
Calle del Cardenal Herrero, 1, 14003 Cordoba
営業時間
月曜日~土曜日/10:00~18:00、日曜日/8:30~11:30 15:30~18:00
定休日
入場料
10ユーロ
電話番号
+34 957 47 05 12
HP
https://mezquita-catedraldecordoba.es
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。