トリドリ編集部

「恋のしらやまさん」切符でお得に白山観光を楽しもう!女子旅に欠かせない恋の祈願と和菓子付き♡

石川県白山市には、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)とその門前町である鶴来町(つるぎまち)があります。古い町並みが残る鶴来町には老舗の和菓子店も点在していて、散策にピッタリです。

全国の白山神社の総本山「白山比咩神社」

白山比咩神社

白山比咩神社は、白山(はくさん)を御神体とする白山神社の総本山です。紀元前9年の創建と言われ、古代より霊山信仰の聖地として崇められてきました。日本の神話に登場する女神「菊理媛尊(くくりひめのみこと)」を祀っており、「くくり」が「括る」に転じて“結びの神”として伝わり、様々なご縁を祈願する人たちが訪れるようになりました。

特別切符「恋のしらやまさん」がお得です!

E.L.さん(@884hiroyuki)がシェアした投稿

白山比咩神社へお参りに行くなら、お得な切符「恋のしらやまさん」がおすすめ。金沢駅から神社までの乗車券や、近隣のお店で使える引換券などがついて2,000円です。 金沢駅ー野町駅間のバス(片道200円)、野町駅ー鶴来駅間の石川線一日フリー乗車券(片道470円)、鶴来駅ー一の宮駅間のバス(片道160円)が含まれています。(鶴来駅からのバスは片道のみ、またレンタサイクル券としても使用可能) 石川線の区間はフリーになっているので、途中下車もOK!

「白山比咩神社」で恋文をしたためる!?

「恋のしらやまさん」についてくる「奉納恋文」はここ「白山比咩神社」で使います! お参りを済ませたら、授与所に奉納恋文を持って行きます。ペンとバインダーを受け取り、恋文をしたためてください♡書き終わったら記念印を押してもらい、貰った赤い紐でくくって奉納しましょう。

■白山本宮・加賀一ノ宮 白山比咩神社
住所
石川県白山市三宮町ニ105-1
電話番号
076-272-0680 
HP
http://www.shirayama.or.jp/index.html

“菓子処”と言われる加賀。鶴来町の伝統和菓子と古い町並み散策を楽しもう♪

「恋のしらやまさん」にはその他、「和菓子券」と「辻占(つじうら)券」もついてきます。鶴来駅からのバスが片道分なのは、ぜひ町歩きして“菓子処”を満喫してもらいたいからだそうですよ♪

Michikoさん(@ronko107)がシェアした投稿

辻占とは、江戸時代からこの地域に伝わる伝統菓子の一つで、小さな巾着のような形の菓子の中におみくじが入ったもの。好きな辻占を3つ引き、おみくじの言葉を組み合わせて占います。

「和菓子券」を使える店は、「恋のしらやまさん」のピンクのフラッグが目印。切符についてくる「鶴来 開運散策マップ」には、「和菓子券」と「辻占券」が使える店が記載されていますよ♪

■「恋のしらやまさん」切符販売窓口(北鉄駅前センター)
住所
石川県金沢市堀川新町1-11
営業時間
7:00~20:00
定休日
電話番号
076-263-0489
HP
http://koishira.jp/
■「恋のしらやまさん」切符販売窓口(北鉄 野町駅)
住所
石川県金沢市野町5-6−1
営業時間
7:00~20:00
定休日
電話番号
076-241-3997
HP
http://koishira.jp/

金沢駅から白山比咩神社までの電車やバスの乗車券だけでなく、鶴来周辺の町歩きも楽しめるようになっているこちらの切符。これだけ盛りだくさんで2,000円、かなりお得ですよね! 金沢旅行をご検討中の方は是非、「恋のしらやまさん」を使って白山比咩神社まで足を延ばしてみませんか?

※情報は記事公開日時点のものになります。