トリドリ編集部

樹齢600年を超える御神木も!北茨城市の花園神社の見どころをご紹介

紅葉が美しい神社のイメージ

今から約1,200年前に征夷大将軍・坂上田村麻呂によって建てられたという「花園神社」。鬱蒼とした山林に囲まれ、夏は青もみじ、秋は紅葉がキレイなスポットなんです。境内には、朱色の楼門や神橋などがあり厳かな雰囲気が漂います。

御神木はなんと樹齢600年超え!大きなパワーをさず授かろう!

こちらは厄除け・開運招福などのご利益があるとされるほか、境内には途中から幹が3つに分かれる「三本杉」や、樹齢600年を超える御神木「天狗慎(てんぐまき)」があり、パワースポットとして親しまれています。

まだまだ見どころいっぱい!参拝も忘れずに

keiさん(@w3133tec)がシェアした投稿

他にも、境内には芸能や学問の神様である弁天様が祀られています。楼門の仁王像や本殿の三猿なども見つつ、しっかりお参りしましょう!

大自然に囲まれてマイナスイオンをたっぷり浴びよう!

神社の奥には、「七つ滝」という滝があります。80mを超える高さから流れる滝は、マイナスイオンたっぷり♪大自然のなかでリフレッシュしてみてはいかが。

花園神社へのアクセスは?

花園神社へ行くには、車の場合は常磐自動車道の「北茨木I.C.」を降りて約25分。公共交通機関をご利用の場合は、JR常磐線「磯原駅」を降りて、そこからはタクシーを利用してください。所要時間は約30分です。

歴史ある花園神社でお参りしてパワーをもらいつつ、例年10月下旬から見られる美しい紅葉に癒されてみてはいかがでしょうか。

■花園神社
住所
茨城県北茨城市華川町花園567
電話番号
0293- 43-9212
HP
http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp/page/page000006.html
※情報は記事公開日時点のものになります。