ダイナミックな渓谷美を体験しよう!奈良県天川村「みたらい渓谷」ハイキングコース

奈良県吉野郡天川村にある「みたらい渓谷」は、四季折々の景観から、近畿地方随一の美しい渓谷と言われています。そのダイナミックな渓谷美や、エメラルドグリーンに輝く神秘的な淵など、見どころもたくさん。その「みたらい渓谷」のハイキングコースをご案内しましょう。

ハイキングコースの始まりは「みたらい遊歩道」から

みたらい渓谷

「みたらい渓谷」のハイキングコースは、全長全長7.4㎞、所要時間2時間あまりのハイキングコースです。スタートは「天川川合」バス停からとなります。天川川合の交差点を右に行き、左側の吊り橋をわたり、車道を左へ進みます。「みたらい遊歩道」に入り、川をさかのぼって歩きます。「カツラの大木」や「吊り橋」を越えて進み、「みたらい遊歩道」の終点が「みたらい渓谷」の入り口となります。ここまでが、約45分の道のりです。

「みたらい渓谷」の見どころは滝と淵

「みたらい渓谷」に入ると、まもなく「みたらい橋」。吊り橋から望む「みたらいの滝」「光の滝」が見どころです。観音峯登山口で、車道に合流します。ここまでが約40分の道のりです。このあとは、ゆるやかな山林コースを進みます。大きな岩の間を縫うように流れる「山上川」の風景を眺めながら歩き、「大聖大権現社」に到着したら「大トチの木」は必見です。終点は「洞川温泉センター」。ここまでが約50分の道のりです。

「みたらい渓谷」へのアクセスは?

「みたらい渓谷」ハイキングコースの入り口、「天川川合」バス停までのアクセスは次の通りです。近鉄・下市口駅から奈良交通バス、洞川温泉行および中庵住行バスで約1時間、「天川川合」バス停に到着します。観光化されているとはいえ、山道や渓流地を歩きますので、歩きやすい靴、温度調節のできる服装でお出かけください。また、絶景をおさめるカメラもお忘れなくお持ちくださいね。

■みたらい渓谷
※情報は記事公開日時点のものになります。