牡蠣と温泉を堪能!兵庫県赤穂市を巡る贅沢観光プラン♪

岡山県との県境に位置する兵庫県赤穂市をご存じですか?JR大阪駅からは下りの新快速で約1時間40分の距離です。映画や時代劇の題材として古くから愛される「赤穂浪士」は、全国的にも知名度が高いと思います。
今回は、歴史にグルメに温泉に盛りだくさんのプランをご案内します。
姫路観光と合わせて半分ずつ巡るとたっぷり濃ゆい一日を楽しめるかと思います。もちろん時間を多めにとってゆったり癒し旅にするのもOK。

歴史ある浅野家の菩提寺に寄ってみよう

花岳寺・山門

まずはJR赤穂駅周辺を巡ります。
「花岳寺」は赤穂浪士ゆかりの曹洞宗のお寺で新西国三十三所第31番札所。
本殿のなまこ壁や白壁と屋根のグレーとのコントラストが美しいお寺です。手入れされた木々の緑がよく似合います。
写真の山門は赤穂市の文化財に指定されており、隠れた見どころのひとつ。また、赤穂浪士46人が切腹したという知らせを聞いて悲しんだ町民が、悲しみのあまり衝き続けために鳴らなくなってしまった、という言い伝えをもつ「鳴らずの鐘」もあります。こちらも併せてチェックしてみてください。
日によっては甘茶のサービスもあったりします。

■台雲山花岳寺
住所
兵庫県赤穂市加里屋1992
営業時間
9:00~16:00
電話番号
0791-42-2068
HP
https://kagakuji.jimdo.com/

牡蠣づくしのランチを食べよう

かましま水産赤穂店・牡蠣ごはん

ランチにオススメしたいのは、こちら「かましま水産赤穂店」。坂越湾で獲れたプリプリの牡蠣を存分に味わい尽くすことができる良店です。シーズンでなくとも年中サービングしてくださるのでご安心を。
オススメは「忠臣蔵御膳」。牡蠣ごはん、カキフライ、焼き牡蠣、生牡蠣、牡蠣のお吸い物など、とにかく牡蠣づくしのランチ定食です。とくに生牡蠣は粒が大きく、濃いミルキー感と歯ごたえに病みつきになるはず。生牡蠣10個セット2,000円もあるので、さらに堪能したい方はこちらも利用してみてください。
人気店で席数が少ないため、開店すぐの訪問がオススメです。

■かましま水産赤穂店
住所
兵庫県赤穂市加里屋2103-14
営業時間
11:00~15:30
木~土曜日は19:00~23:30の夜営業あり
定休日
火曜日
電話番号
0791-56-5050
HP
http://kamasima.com/category02/

赤穂の海を眺めながら温泉で疲れを癒そう

潮彩きらら祥吉・景色

JR赤穂駅エリアを楽しんだあとは御崎のほうにバスかタクシーで移動して、赤穂の海を見に行きましょう。バスは本数が少ないので、サクッと半日旅ではタクシーがオススメです。
御崎でまず寄ってみたいのが、「潮彩きらら祥吉」。こちらは有名な温泉宿ですが、日帰り入浴もできます。脱衣所から浴室まで清掃が行き届いており、とても風格のある雰囲気を感じることができます。
露天風呂は備え付きのバスタオルを着用する必要があります。ワイルド感に驚きますが、入る価値はあるので迷わずチャレンジしましょう。一人だけ入れる信楽焼の陶器風呂も楽しいです。周囲に島がない果てしない海の風景を眺めながら浸かれば、次の行動や明日への活力をチャージすることができるでしょう。

■潮彩きらら祥吉
住所
兵庫県赤穂市御崎2-8
営業時間
11:00~14:30(日帰り入浴)
定休日
年末年始
電話番号
0791-43-7600
HP
http://www.ako-syokichi.com/index.html

御崎の海を拝む聖なるお宮さんで旅のしめくくりを

伊和都比売神社

御崎で訪れたいもうひとつのスポットは、「伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)」。赤穂市でいちばん古いお宮さんで、その歴史は平安時代から刻まれているのだとか。東郷平八郎も日露戦争の前に訪れたことがあるそうです。航海の安全や大漁を願う参拝客が多いですが、縁結びも祈願できちゃいます。
播磨灘に向かって立つ鳥居に神聖さを感じずにはいられません。広々とした境内も美麗。

■伊和都比売神社
住所
兵庫県赤穂市御崎1
※情報は記事公開日時点のものになります。
ここむんと
ここむんと

長野出身、大阪在住のライター4年目。トリドリでは関西メインで執筆中で、できるだけ自分で実際に歩いて撮った一次情報をシェアしています。旅の計画から帰宅後まで活用してもらえるコンテンツを目指して。