一人旅にぴったり♪香港式喫茶店「茶餐廳(ちゃさんちょう)」でローカル気分を満喫!

香港には、古くから様々な文化が入り独自に発展したものがたくさんあります。「茶餐廳(ちゃさんちょう)」もそんな香港文化のを反映していて、中国風でありながら西洋風な食事がいただける喫茶店なんです。香港に行ったらぜひ行ってみてくださいね♪

茶餐廳ってどんなお店なの?

香港でいたるところにある「茶餐廳」。日本読みは「ちゃさんちょう」ですが、広東語では「チャーチャンテン」です。営業時間は店舗によりますが、だいたい朝から夜まで営業していて、リーズナブルなメニューが多く香港の人たちもよく利用しています。繁華街には24時間営業の店もあり、旅行者にもうれしいですね♪

どんなメニューがある?

メニューが豊富で小さな店でも、なんと100種類以上あるのだとか!“香港風な西洋料理”が主流で、フレンチトーストやパイナップルパンなどは朝食にピッタリ♪また、スパイシーなサテーソースがポイントのインスタント麺、「沙爹牛肉公仔麵(サテーガウヨゴンチャイミン)」は、人気メニューの一つです!

vitaさん(@v.vi.vita)がシェアした投稿

セットメニューには、マカロニや麺類を中心にトースト、卵料理、飲み物が付いていてボリューム満点。朝食、昼食、夕食それぞれに適した品があるので、いつでも利用できますね♪

グループでの利用はもちろん、単品も多いので一人旅にもぴったり。喫茶利用なら「香港式ミルクティー」をぜひ試してみて♪濃いめの紅茶をエバミルクで仕上げたクリーミーな味わいがくせになる美味しさですよ。
なお、広東語表記で英語はあまり通じないのでご注意くださいね。

人気観光エリア尖沙咀(チムサーチョイ)にある茶餐廳がオススメ!

澳門茶餐廳
Photo credit: jay.tong via VisualHunt / CC BY-ND

いきなりローカル感のある店舗に入るのが不安な方は、尖沙咀にある「澳門茶餐廳(オウムンチャーチャンテン)」がオススメ。メニューには、写真や英語表記があるので初心者でも安心ですよ。香港式だけでなく、マカオ風ポークバーガーやエッグタルトなどマカオ式の料理も楽しめるのが特徴です。

■澳門茶餐廳
住所
25 Lock Rd, Tsim Sha Tsui, Hong Kong
※情報は記事公開日時点のものになります。