本州最北の地、青森県・下北半島で絶景と高級マグロを堪能♪

本州最北の地、下北半島をご存じですか?少し行くのが大変な場所ですが、行かないのはもったいない!ミステリアスな風景や、ダイナミックな自然を満喫できる観光スポットなんですよ。日本一の高級マグロを堪能したり、温泉でリラックスしたりと、身も心も癒されに訪ねてみましょう。

日本三大霊場のひとつ「恐山(おそれざん)」

日本三大霊場 恐山

まずご紹介するのが、下北半島の中央に位置する霊場「恐山」。比叡山、高野山と共に日本三大霊場のひとつに数えられ、パワースポットして有名です。山全体が霊場となっており、山の上には「恐山菩提寺」が建立されています。境内には本尊の地蔵殿をはじめ、参拝者が自由に入浴できる温泉や、何軒か宿坊もありますよ。

恐山 宇曽利山湖

火山ガスが噴出するゴツゴツとした岩肌が、地獄に例えられる参拝道も見どころ。途中には“極楽浜”と称される美しい宇曽利湖(うそりこ)の絶景が広がります。この湖畔や、恐山の各所に風車がカラカラと回る様は、どこか物悲しい不思議な光景。きっと心の琴線に触れることでしょう。
恐山と言えば死者の霊を口寄せするイタコさんが有名ですが、居るのは年に2回(恐山大祭と恐山秋詣り)になります。また、10月末〜4月末の間は閉山となり、道路が封鎖されて参拝できませんのでご注意ください。

■恐山
住所
青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2
開山期間
5月1日~10月31日
開山時間
6:00~18:00
入山料
大人/500円、小中学生/200円
電話番号
0175-22-3825(恐山寺社務所)

慈覚大師ゆかりの「薬研温泉」と古くから親しまれる「下風呂温泉」で疲れを癒す

薬研温泉

恐山から車で30分ほどの所に、恐山の開基・慈覚大師に由来のある「薬研温泉」があります。ここは慈覚大師が怪我をした際、カッパに運ばれて癒したという伝説が残る、通称かっぱの湯。無料で利用できる「かっぱの湯」や町営の「夫婦かっぱの湯」があり、露天風呂を楽しむことができますよ。「夫婦かっぱの湯」の近くには足湯もあるので、疲れた足を癒してみてはいかが?

@a.msk01がシェアした投稿

下北半島の温泉をもう一ヶ所ご紹介!津軽海峡に面する本州最北端の「下風呂温泉」は、井上靖氏の小説『海峡』にも登場する有名な温泉郷。このエリアには宿泊施設が充実し、昔ながらの雰囲気が魅力的な外湯も点在していますよ。潮の香りと温泉の硫黄の香りが立ち込める「下風呂温泉」と津軽海峡の絶景をお楽しみくださいね♪

■薬研温泉 かっぱの湯
住所
青森県むつ市大畑町奥薬研
営業期間
4月1日~11月10日
営業時間
※男女入替制
男性/7:00~9:00、11:10~13:00、15:10~17:00
女性/9:10~11:00、13:10~15:00
料金
無料
電話番号
0175-34-2111(大畑庁舎産業振興課)
■薬研温泉 夫婦かっぱの湯
住所
青森県むつ市大畑町奥薬研
営業時間
5月~8月/8:30~19:00、9月~4月/8:30~18:00
料金
大人(中学生以上)/200円、子供/100円、幼児/無料
電話番号
0175-34-2008(修景公園奥薬研レストハウス)
■下風呂温泉
住所
青森県下北郡風間浦村下風呂
電話番号
0175-35-2010 (風間浦町商工会)

荒波がつくった絶景!仏ヶ浦と大間で最高級マグロを堪能

仏ヶ浦

下北半島屈指の絶景スポットが、奇岩の立ち並ぶ「仏ヶ浦」です。約2kmにも及ぶ津軽海峡の荒波に削られてできた断崖は見るものを圧倒します。この風景をより堪能するのなら遠くから見ることができる遊覧船がオススメ。海上からは全体を見渡すことができますよ。近くの佐井港からいくつかの会社による遊覧船が運行しているので、ぜひ乗船してみてくださいね。

大間崎

せっかく下北半島に来たのなら、本州最北端「大間崎」も行ってみましょう!北海道までは津軽海峡を挟みわずか17.5km!晴れた日は函館の建物まで見えるくらい近いんです。本州最北端の碑もあるので、記念撮影をお忘れなく♪

また、大間と言えばやっぱりマグロですよね!通年食べることができますが、旬は9月~12月。東京で食べると高いですが、大間周辺では比較的リーズナブルにいただくことができますよ♪新鮮なマグロがたっぷりのったマグロ丼はもちろん、カマ焼きも脂がのっていて美味しいのでぜひお試しくださいね!

■仏ヶ浦
住所
青森県下北郡佐井村
電話番号
0175-38-2111(佐井村総合戦略課)
■大間崎
住所
青森県下北郡大間町大間大間平17-1
電話番号
0175-37-2233(大間町観光協会)

下北半島は少し行きにくいですが、だからこそ気になるスポット!厳冬期は営業していない場所もあるので、比較的暖かい春先や、旬のマグロと恐山が楽しめる9、10月の旅行先にいかがでしょうか。

※情報は記事公開日時点のものになります。