フルーツと桃太郎!岡山の二大名物を堪能する旅に出かけてみませんか?

岡山県といえばやっぱり桃太郎が有名ですよね。県内には桃太郎の伝説が残る場所が点在しており、発祥地の一つとされています。例えば、特産品が「桃」であることや、岡山県の旧名「吉備国」はキビ団子にも通じます。今回ご紹介する「吉備津(きびつ)神社」には、桃太郎伝説のモデルとされる神様は祭られているんですよ。

桃太郎伝説の残る、山陽道屈指の大社「吉備津神社」

吉備津神社

桃太郎にゆかりのある場所として有名な「吉備津神社」。日本神話において、かつてこの地を脅かした鬼「温羅(うら)」を討伐した、吉備津彦命(きびつひこのみこと)をお祭りしています。こちらの神社が建っている場所は、討伐の際に陣をとった所、と言われているんですよ。また、境内には戦いの際に弓矢を置いたという「矢置岩」があり、それにちなむ「矢立の神事」が行われています。

吉備津神社

境内で圧倒的な存在感を放つ本殿は、大きさがなんと出雲大社の約2倍! 入母屋造の屋根が連なる、日本で唯一の形式「吉備津造り」は必見です。約600年前の室町時代に建てられたもので、解体・修復されることなく当時の姿を残していて、国宝に指定されているんですよ。

この本殿と拝殿をより美しく撮影したいなら、場所を変えて色々試してみて!正面から撮影する場合、白い漆喰の土台と素木の社がはいるので、より歴史深さが伝わりますよ。周囲の木々と一緒に撮っても、景色とマッチしてとってもフォトジェニックな写真になります♪

全国唯一の釜を使った神事と、全長360mの壮大な廻廊がすごい!

@riverruns_tkmtがシェアした投稿

他にも境内には重要な建築物があります。釜戸の下に、吉備津彦命が退治した鬼(温羅)の首が埋められていると言われる御竈殿(おかまでん)。ここでは、釜の鳴る音で吉備津神社に祈願したことが叶えられるかどうかを占う「鳴釡神事」が行われます。全国で、ここでしかやっていない珍しい神事なんですよ。

吉備津神社

また、境内の端から端に延びる廻廊も見どころ。全長360mにも及び、途中に本殿や御竈殿などに繋がっています。自然の傾斜をそのまま活かして造られた見事な建築で、県指定の重要文化財になっているんですよ。規則正しく並ぶ柱や、自然なカーブに沿って連なる瓦屋根が美しい!壮大な廻廊を歩いているだけで、なんだか厳かな気分になりますね。

岡山にきたら、フルーツパフェははずせない!

白桃、マスカット、ピオーネの生産量が全国1位というフルーツの国、岡山。旅行の際はぜひともフルーツたくさんのスイーツをいただきましょう♪現在、街をあげて「フルーツパフェの街おかやま」を推進中!至るところで岡山産のフルーツがたっぷり入った絶品パフェを食べることができます。

gさん(@g_kyotocafe)がシェアした投稿

なかでも特にオススメなのが、JR岡山駅1階にある「カフェ エスタシオン岡山」の「吉備団子のパフェ」。岡山名物のフルーツと吉備団子を一緒に味わえる嬉しいパフェです。フルーツの自然な甘さとモチモチ食感の吉備団子が相性バツグン♪フルーツは季節により変わりますが、夏から秋にかけてはブドウの王様ピオーネを使ったパフェが提供されますよ。

また、倉敷市に2店舗を構える「くらしき桃子」のパフェも要チェック!中央店では白桃をふんだんに使った「ももこパフェ」を一年中いただくことができます。シロップ漬けの清水白桃と、果肉たっぷりのジュレ、清水白桃を使用した特製プリンの入った桃好きにはたまらないパフェなんです。ぜひ、岡山にきたら、フルーツパフェを食べてみてくださいね♪

■吉備津神社
住所
岡山県岡山市北区吉備津931
電話番号
086-287-4111
HP
http://www.kibitujinja.com/
■カフェ エスタシオン岡山
住所
岡山県岡山市北区駅元町1-1-1 JR岡山駅1階
営業時間
7:00〜21:00 L.O.20:30 ※パフェは14:00~
定休日
無休
電話番号
086-801-0029
■くらしき桃子 倉敷中央店
住所
岡山県倉敷市中央1-1-4
営業時間
10:00~17:00
定休日
無休
電話番号
086-436-7111
HP
http://kurashikimomoko.jp/

いかがでしたか?昔話として誰もが知っている桃太郎が身近に感じられるなんて、少し不思議な気分♪フォトジェニックな伝説の地を巡りつつ、桃やブドウなどいろんなフルーツを楽しめる岡山にぜひ行ってみませんか?

※情報は記事公開日時点のものになります。