インドの秘境にある絶景。“天空の湖”と言われる「パンゴン湖」を見てみたい!

標高4,300mの高所にある、インドとチベットの国境を跨ぐ絶景の塩湖「パンゴン湖」をご存じですか?インド映画『きっと、うまくいく』のラストシーンのほかにも、美しい景色としていくつかの映画に登場している絶景スポットなんです。辿り着くには険しい山を越えたりと少し大変ですが、それだけに生涯忘れられない風景となることでしょう。

ヒマラヤ山脈に囲まれた“天空の湖”「パンゴン湖」

パンゴン湖
Photo credit: h0lydevil via Visual Hunt / CC BY

インドの秘境「パンゴン湖」はこんなところにある絶景の塩湖です!まるで、険しい山々に囲まれたオアシスのよう。高地なので、観光のベストシーズンは、現地の夏に当たる5~9月でしょう。風がないときには、湖面に波が立たないので、このように空と山が湖面に映る絶景を目にすることができますよ。

Mariさん(@goodngood)がシェアした投稿

全長は約150kmありますが、インド側にあるのはその1/3。残りの2/3はチベット側あります。また、塩湖としては世界で最も高い場所にあるという、まさに“天空の湖”。湖は天気によって、透き通るようなブルーであったり、深みを帯びたコバルトブルーであったりと様々な変化を見せてくれます。夜には、晴れていれば満天の星が湖面に映る光景も楽しめるんですよ。

■パンゴン湖

高山病にはくれぐれも注意しよう!

飲み薬 カプセル イメージ

パンゴン湖は富士山よりも高い場所にあるので、高山病に注意しましょう。パンゴン湖への拠点となる町「レー」がすでに標高3,500mにあり、今度はそこから標高5,300mほどの峠を越えなければいけません。高山病の予防に、スケジュールには余裕を持たせ、休憩しながら向かいましょう!心配であれば、事前に日本で薬を処方してもらう方法もありますよ。

秘境・パンゴン湖はにどうやって行くの?

パンゴン湖

パンゴン湖への行き方です。日本から、まずインドの首都デリーに飛び、そこから国内線または列車を乗り継ぎ、拠点の町「レー」へ。ここには、宿泊施設の他、現地の旅行会社がたくさんあるので、そこでツアーに申し込むのが一般的です。レーからパンゴン湖までは車で約5時間の道のりになります。 なお、パンゴン湖があるエリアは、入場許可証が必要となります。自分で手配することも可能ですが、これも併せて旅行会社に頼んでおくとラクですよ♪

前述のように、レーは標高3,500mにあるので、高山病になってしまう恐れがあります。急激な高度の上がり下がりはリスクを高めるので、到着日にパンゴン湖へ行くことは避け、安全第一で絶景を楽しみに行きましょう♪

秘境・絶景好きにはとっても魅力的なパンゴン湖。“天空の湖”と呼ばれる美しい景色を、一生に一度は見に行ってみたいですね!

■レー
※情報は記事公開日時点のものになります。