ホノルルの新条例にご注意!「歩きスマホ」は罰金対象の違法行為なんです!

日本でも社会問題のひとつである「歩きスマホ」。ハワイではついに罰金が科せられるようになったことをご存じですか? アメリカ人だけでなく、旅行者にも適用される法律なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

ホノルル市では「歩きスマホ」が禁止!

歩きスマホをする女性
Photo via Visual hunt

2017年10月25日からハワイのホノルル市で施行された、「歩きスマホ」を規制する条例。歩行者がスマホを含む携帯電子機器を見ながら、道路や高速道路を横断することを禁止する条例です。
「緊急番号911に電話する(日本で言う110番)」など緊急時は例外ですが、これに違反すると罰金が科せられます。
携帯電子機器には、スマホの他にもタブレットやデジカメ、ゲーム機なども含まれていますので、注意が必要ですね。なお、オーディオ機器を聞きながらの道路横断は違反にはなりません。

違反した場合、罰金はいくら?

Judges Gavel
Photo credit: ccPixs.com via Visual Hunt / CC BY

条例に違反してしまった場合、15~99ドルの罰金が科せられます。罰金額は違反の回数によって異なり、初犯で15ドル以上~35ドル以下、2度目(初犯から1年以内)は35ドル以上~75ドル以下、3度目以降(初犯から1年以内)は75ドル以上~99ドル以下です。

観光客も要注意!スマホは必ず止まって使おう

スマートフォン イメージ

この条例は観光客にも適用されます。スマホで電話しながら横断するのはOKですが、画面を見たり操作するのはNG。旅行中はスマホアプリを使って、レストランやカフェを探しながら歩きがちなので、十分に気をつけましょう! 使う時は一旦止まり、道路脇で操作するようにしてくださいね♪
せっかくの楽しい旅行で、条例違反をしてしまうなんてショック! そんなことにならない為にも、現地のルールをよく理解して旅を満喫してくださいね♪ 歩きスマホはトラブルのもと。もちろん、日本の道路でも危ないのでやめましょう。

※情報は記事公開日時点のものになります。