平昌冬季オリンピック開催地「江原道・旌善(チョンソン)」観光ガイド

ソウルの東側に位置する地域「江原道」は韓国有数の観光地。人気の秘密は、ドラマ御用達の美しい風景、山・海の幸たっぷりの料理、そして直前に迫ってきた2018年の平昌冬季オリンピック開催地(平昌・旌善・江陵)があること!どこか懐かしい、でも新しい、韓国らしさ満点の江原道を3回に分けて先取りします!

前回の「平昌(ピョンチャン)」に続いて、今回は「旌善(チョンソン)」にクローズアップします。旌善は韓国最大の五日市で、食べ歩きや絶景散歩、バラエティー番組頻出の観光地です。民謡「アリラン」発祥の地のひとつでもあります。

見所1:アリヒルス スカイウォーク、ジップワイヤー

アリヒルス スカイウォークで超絶景が楽しめる!写真提供:韓国観光公社
アリヒルス スカイウォークで超絶景が楽しめる!写真提供:韓国観光公社

標高約330m、ガラス張りの展望台「スカイウォーク」は一歩踏み出すとまるで空中散歩!隣にある滑降アクティビティ「ジップワイヤー」はアジア最長1.2km、時速100km、体中で絶景と大自然を満喫しよう!開催されるオリンピック競技は、アルペンスキー滑降競技他。

ジップワイヤー。写真提供:韓国観光公社
ジップワイヤー。写真提供:韓国観光公社

ソウルから旌善旅客バスターミナルまでは、東ソウル総合ターミナルからバスに乗車して、旌善旅客バスターミナル下車。約3時間30分/1万8300W。
旌善旅客バスターミナルからアリヒルズまでは、旌善旅客バスターミナルから南に徒歩で向かい(約2分)アリヒルズ駐車場でシャトルバスに乗車。約10分/無料。

見所2:旌善五日市

旌善五日市。写真提供:韓国観光公社
旌善五日市。写真提供:韓国観光公社

2と7がつく日に開かれる韓国最大の旌善五日市はご当地グルメの宝庫。世界無形文化遺産の「アリラン」の中でも有名な、「旌善アリラン」を題材にした公演も開かれます。

伝統あるアリラン公演。写真提供:韓国観光公社
伝統あるアリラン公演。写真提供:韓国観光公社

見所3:グルメ女子にもおすすめの旌善

名物の太麺蕎麦「コットゥンチギ」
名物の太麺蕎麦「コットゥンチギ」。写真提供:韓国観光公社

ソウルでは出会えないリーズナブルなご当地ごはんがたくさん!特産の蕎麦、ジャガイモ、トウモロコシなどを使ったチヂミや麺料理が名物。なかでも山菜の炊き込みごはん(コンドゥレパッ)は必食です!

「コンドゥレパッ」は薬味醤油をかけよく混ぜて。写真提供:韓国観光公社
「コンドゥレパッ」は薬味醤油をかけよく混ぜて。写真提供:韓国観光公社
チヂミは盛り合わせがおすすめ。写真提供:韓国観光公社
チヂミは盛り合わせがおすすめ。写真提供:韓国観光公社

ソウルから江原道・旌善までのアクセス

バスの場合
東ソウル総合ターミナルからバスで約2時間40分、旌善市外バスターミナル下車。1万9200W。

鉄道の場合
清凉里駅からアリラン列車で約4時間、旌善駅下車。2万6100W。1日1往復、火・水曜日運休(旌善五日市の開催日にあたる場合は運行)。

平昌オリンピック
平昌
開会式・雪上競技
旌善
雪上競技
江陵
氷上競技
オリンピック
2018年2月9日~2月25日、15種目
パラリンピック
2018年3月9日~3月18日、6種目
※情報は記事公開日時点のものになります。
Nae Style Korea(韓国観光公社)
Nae=ネ とは日本語では「私の」、英語では「My」の意味。Nae Style Koreaは、韓国好きの20代、30代女子に韓国旅行を思い切り楽しんでもらいたい、そんな思いを込めて作ったガイドブックです。わたしだけの韓国旅行を見つけよう! ※掲載内容は2017年3月31日現在の情報です。