可愛い街並みとチョコレート好き必見!ベルギーの世界遺産ブルージュの街をご紹介

“ブルージュ”はオランダ語で“橋”という意味。街は運河に囲まれ、たくさんの橋が架かっています。このような景観がイタリアのベネチアに似ていることから、“北のベニス”と呼ばれているんですよ。歴史的な建造物が多数現存し、まるで絵画のようであることから“屋根のない美術館”とも呼ばれています。

ブルージュ観光の拠点「マルクト広場」

ブルージュ マーケット

ブルージュの中心地である「マルクト広場」は、観光の拠点になるエリア。おとぎ話に登場するような可愛らしいギルドハウスが建ち並ぶ街並みは、ブルージュを象徴する景観の一つとして知られています。赤やオレンジの鮮やかな建物がとってもフォトジェニック♡独特の階段状の屋根も見どころです。広場にはおしゃれなカフェやレストランがあり、市民の憩いの場にもなっているんですよ。

マルクト広場

13~14世紀に貿易の拠点として繁栄したブルージュ。その富の象徴として建てられたのが、マルクト広場にそびえ立つ「鐘楼」です。高さは83m、内部には366段の螺旋階段があり、展望台からはブルージュの街並みを一望できますよ。“屋根のない美術館”と言われる美しい街並みは必見!混雑を避けたいなら、開門直後(朝9:30頃)に訪れるのがオススメです。ぜひ、がんばって登ってみてくださいね♪

“北のベニス”をボートで巡ろう!

ブルッヘ鐘楼と運河

運河に囲まれたブルージュを訪れたら、ぜひ体験したいのが「運河クルーズ」です。陸から見るのと水上から見るのとでは、別モノなんですよ♪ボートに乗って水上から眺めるブルージュの街並みは、ぜひ写真に収めておきたいところ。

ブルージュ 夜景

運河クルーズの乗り場は全部で5ヶ所あり、クルージングの所要時間は10分ほど。複数の会社が運営していて、料金はまちまちですが、例として大手運河クルーズ会社の「Boottochten Brugge」の料金は、大人は8ユーロ、子供(4~11歳)は4ユーロ、3歳以下は無料となっています。

チョコレート王国・ベルギーで話題のショコラティエ「チョコレート・ライン」

ベルギーと言えばチョコレートが有名!ブルージュの街にも至る所に、ショコラティエが店を構えています。世界遺産の街を散策しながら、ホットチョコレートやチョコレートがけのワッフルなどを楽しむのもいいですよね。チョコ好きにはたまりません♡

ブルージュで最も有名なショコラティエ「チョコレート・ライン」は、マルクト広場からも近いので、ぜひ訪れてみて♪店内には、クリエイティブでユニークなチョコレートが並び、どれにしようか迷ってしまうほど。どれも独創性豊かなので、お土産にしたら喜ばれそう。チョコレートのほか、チョコレートを使用したリップスティックやマッサージクリームなど、コスメティックス販売も手掛けているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

乙女心をくすぐられる、可愛すぎるブルージュ!美しい街並みとチョコレートが好きな方には、特にオススメです。ベルギーに行ったら、ぜひ行ってみたいですよね♪

■ブルージュ
■チョコレート・ライン

※情報は記事公開日時点のものになります。