この冬のゲレンデはココで決まり♪福島のリゾート「アルツ磐梯」

全国各地の温泉地や観光地に、その土地土地の雰囲気を活かし、斬新で高級感漂う宿を手掛ける星野リゾート。建物だけでなく、料理やサービスも最高級のものを提供することで人気を博しています。その星野リゾートが経営するスキー場が、福島県にあるのです。その名も「アルツ磐梯」。女性必見のオシャレなスキー場ですよ。

上級者も滑らない人もみんな楽しめる魅力満載の施設

アルツ磐梯のスキー場画像

ゲレンデは、最大斜度37度もある上級者向けのコースから、パウダーゲレンデや圧雪バーンなど、上級、中級、初級者向けの3段階に分かれた全29コースと豊富。さらには、安全に楽しめるスノーパークもあり、スキーやスノーボードを思う存分楽しめます。
さらに装備がなくても山頂へ登って展望デッキから磐梯山を見渡すことが出来たり、雪の上を歩くための歩行具スノーシューを使って、普段は入れないふわふわの雪の上を歩いたり、写真を撮ってみたり…!と、どんな人でも雪と戯れることができるのがこの「アルツ磐梯」の魅力のひとつです。

忘れてはならない宿泊施設の満足度

AKIRAさん(@akirarock)がシェアした投稿

星野リゾートが手掛けているだけあってスキー場だけでなく、宿泊施設も満足度が高いんです。
「アルツ磐梯」に隣接している「磐梯山温泉ホテル」は、モダンを基調とし洗練された雰囲気が漂います。そしてスキーリゾートらしくホテルの前がゲレンデ!広大で真っ白な世界が目の前に広がります。
掛け流しの温泉で心も体も温めて、会津の伝統料理が味わえるビュッフェスタイルの食事を楽しみましょう。会津ならではのせんべい焼き体験などのアクテビティもあるなど、まさにこの季節、この場所ならではの過ごし方が出来る贅沢なホテルです。

「アルツ磐梯」への行き方について

2時間半ほどだと、車の場合は東北自動車道を東京方面から北上、郡山JCTを経て磐梯自動車道を走る事約20分、猪苗代磐梯高原ICで下りたら県道を約25分ほど進む…という3時間半弱の道のりです。
電車や新幹線を乗り継ぐ場合は、まずは郡山駅を目指しましょう。東京からだと、新幹線を使って約1時間半です。郡山駅からは磐越西線に乗り約50分、磐梯町駅でスキー場までの無料シャトルバスに乗り換え約15分で到着です。
また、郡山駅から片道1,000円のスキー場直結シャトルバスも出ています。本数は1日2便しか出ていませんが、時間が合えばこちらもシンプルでいいでしょう。ゲレンデまでは約90分です。こちらのシャトルバスは前日までに予約が必要です(当日でも空いていれば乗車は可能)。
都心から電車で2時間半強~3時間で行けるという、非常にアクセスの良いスキー場ですね。また、レンタルグッズも充実しているので、手ぶらでゲレンデに行けちゃうところもポイントですよ♪

冬の楽しみであるスキーやスノボ。毎年同じところに行っている方も、どこへ行こうか迷っている方も、ぜひ今年は「アルツ磐梯」に行ってみて♪

■アルツ磐梯
住所
福島県耶麻郡磐梯町大字更科清水平6838-68
TEL
0242-74-5000
駐車料金
平日/無料、土日祝日/1,000円
営業期間
2017年12月23日(土)~2018年3月25日(日)
■磐梯山温泉ホテル
住所
福島県耶麻郡磐梯町大字更科字清水平6838-68
TEL
0570-073-022
アクセス
磐梯自動車道 磐梯河東ICから車で15分
駐車場
無料(80台)
※情報は記事公開日時点のものになります。