日本のブルーラグーンは別府にあった!ミルキーブルーの湯が自慢の「いちのいで会館」

景観の湯

世界最大の温泉といえば、アイスランドのブルーラグーン。そこまでの規模とはいかないまでも、ブルーラグーンのような美しいミルキーブルーの温泉が日本にもあるのをご存じですか?「本当に天然の温泉なの?」と思うほど綺麗な色のお湯に浸かる幸せ。これは忘れられない体験になりますよ。

お腹も満足する山の上の温泉「いちのいで会館」

@akoakolyがシェアした投稿

「いちのいで会館」会館は日本有数の温泉地、別府にあります。JR別府駅からタクシーで10分ほどですが、道中には険しい道も。それもそのはず、別府を一望できる山の上にあるからです。温泉はもちろん、景色を楽しみに訪れるお客さんも多いそう。そしてもう一つのお楽しみは、お食事です。実は、いちのいで会館の本業は仕出し屋さんなので、お料理を注文すると入浴できるというシステムになっています。

だんご汁

メニューは季節によって変わり、5~8月は松花堂弁当、9~4月は大分の郷土料理・だんご汁定食です。だんご汁は平たい麺(だんご)が入った具だくさんのお汁。これでお腹もぽかぽかです。

開放的な景色とお湯を楽しむ「景観の湯」

いちのいで会館には「景観の湯」と「金鉱の湯」がありますが、晴れた日の「景観の湯」は特に見事です。源泉かけ流しの乳青色のお湯が3つの露天風呂を満たします。美しいミルキーブルーのお湯にあっと驚くこと間違いなし。ちょっと熱めのお湯は保温効果抜群で、湯上りもぽかぽか。

ねぴおさん(@nepio100)がシェアした投稿

Kunihiko.Mさん(@kuni3733)がシェアした投稿

また、湯舟に入ると、眼下には別府湾が広がります。青いお湯と海と空。3つのブルーを一度に味わえてしまうなんて贅沢ですね。 人気の「景観の湯」は偶数日が男湯、奇数日が女湯となりますので、ご注意ください。

自然の中でお湯とサウナを楽しむ「金鉱の湯」

@camaruuunがシェアした投稿

「金鉱の湯」は、広々とした「景観の湯」に比べると小ぶりで、山奥の秘湯といった雰囲気。木々が生い茂る中に、ワイルドな岩づくりの露天風呂が現れます。鳥のさえずりがすぐそこに聞こえたり、小さな天然の滝を眺めたりと、自然と一体になったように温泉に浸かれるんです。そして、「金鉱の湯」にはサウナもあります。かつて金鉱であった洞窟を利用した、温泉の蒸気で温まる天然サウナです。
偶数日が女湯、奇数日が男湯となりますのでご注意ください。

綺麗な青い温泉、入ってみたくなりましたか?別府には他にもたくさんの温泉があります。温泉巡りにぴったりなので、旅行先としておすすめですよ。もちろん、ミルキーブルーのお湯は外せませんよね!いちのいで会館に是非行ってみてください。

■観海寺温泉 いちのいで会館
住所
大分県別府市上原14-2
営業時間
平日/11:00~17:00(オーダーストップ16:00)
土日祝/10:00~17:00(オーダーストップ16:00)
定休日
不定休
電話番号
0977-21-4728
HP
https://ichinoide-kaikan.jimdo.com/
※情報は記事公開日時点のものになります。