映画『ローマの休日』のロケ地♪サンタンジェロ城

「サンタンジェロ城」は、映画『ローマの休日』のロケ地のひとつで人気観光スポット。アン王女とジョーがテヴェレ川に飛び込むシーンでバックに映っているのがサンタンジェロ城です。バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂からほど近い場所にあるので、バチカン観光とセットで訪れるのがオススメ♪
サンタンジェロ城が建設されたのは2世紀、当時のローマ皇帝ハドリアヌスが自身の霊廟として建てさせたものでした。しかし、しばらくすると軍事施設として使用されるようになり、その後は牢獄や要塞としても使用された歴史を持ちます。要塞として整備されたサンタンジェロ城は、サン・ピエトロ大聖堂と秘密通路で繋がれ、有事の際にはローマ教皇の避難場所として活躍!歴史上、とても重要な役割を担ってきた場所でもあるのです。

現在のサンタンジェロ城はどうなってる?

サンタンジェロ城

現在のサンタンジェロ城の中は国立博物館になっており、歴代教皇や聖職者たちの部屋をはじめ、武器や兵器が展示されていたり牢獄を見学できたりします。教皇たちの部屋は装飾も施され、外の光を取り込む部屋の作りになっていますが、城は要塞や牢獄としての名残もあるため、薄暗く冷たい空気を感じる場所もあります。ひとつの建物の中で異なる雰囲気を感じながら見学できるのはとても興味深いです。
城の中心にある「天使の中庭」も必見!サンタンジェロ城という名前は「大天使(Sant’Angelo)」が由来。6世紀後半にローマでペストが大流行していた際、大天使ミカエルが降臨するのを見た当時のローマ教皇が、ペスト終息を願い名付けました。その天使像があるのが天使の中庭なのです。

ベルニーニと弟子の作品群!サンタンジェロ橋に立ち並ぶ10の天使像

Volgo Arteさん(@volgoarte)がシェアした投稿

サンタンジェロ城の目の前を流れるテヴェレ川に架かるサンタンジェロ橋の両脇には、まるで橋を渡る者たちを迎えるかのように10体の美しい天使像が並んでいます。城と同時期に造られた橋の上に天使像が置かれたのは17世紀のこと。当時のローマ教皇が、建築・彫刻家の名匠ベルニーニに制作を依頼し、彼の弟子たちとともにこれら天使像を作り上げました。橋の上に並ぶ天使像はどれも優しく豊かな表情で、なめらかな彫刻がとても美しいです♪実は、そのあまりの美しさに、ベルニーニが製作した2体は橋に設置されず、別の場所に保管されています。現在橋の上にあるのはそのレプリカでオリジナルは「サンタンドレア・デッレ・フラッテ教会(Sant’Andrea delle Fratte)」で見ることができます。

屋上からはとっておきのパノラマが広がります!

サンタンジェロ城の屋上はローマ市内とバチカンを一望できる絶好の場所!ローマには景観維持のために高い建物がないので、視界を遮るものがなく、その美しい街並みを存分に楽しむことができます。また、大きすぎて目の前だと一緒に写真に収まるのが難しいサン・ピエトロ大聖堂も、ここからならドーム全体とバチカンの街をきれいに収めることができますよ♪
さらに、サンタンジェロ橋を見下ろす眺めも、正面からや渡りながら見るのとは違った美しさがあって楽しめます。そして観光に疲れたら、城内のテラスにあるカフェでひと休み♪ローマの景色を堪能しながらのティータイムなんて、まるで映画のワンシーンのようでとても優雅ですよね。

■サンタンジェロ城(Castel Sant’Angelo)
住所
Lungotevere Castello, 50, 00193 Roma
営業時間
9:00~19:30
電話番号
+39 06 681 9111

ローマ観光に欠かせない「ローマパス」をゲットしよう

サンタンジェロ橋とサンピエトロ大聖堂

ローマに2日以上滞在して観光するのであれば、手に入れておきたいのがローマパス。2日券と3日券が販売されていて、ローマ市内の観光案内所、美術館や博物館、テルミニ駅とフィウミチーノ空港のチケットオフィスなどで購入可能です。最初に入場する美術館や博物館が1カ所ないしは2カ所無料、その後も割引料金で入場可能になるほか、メトロやバスが乗り放題になります!みどころが尽きないローマを観光していたらすぐに元が取れますし、ローマパス専用入口のある施設ではチケット購入の長蛇の列に並ばなくてもよくなるので、効率よく観光することが可能になるのでオススメです♪

それ自体も見応えがあり、さらにローマの景色も堪能できるサンタンジェロ城!ローマ旅行の際にはぜひ訪れてみてくださいね♪

※情報は記事公開日時点のものになります。