冬のスペイン・バルセロナに行くならおすすめ!季節限定の名物料理「カルソッツ」

スペインの名物料理と聞いて誰もが思い浮かべるのはパエリアだと思いますが、冬のカタルーニャ州にはその時期だけ楽しめる「カルソッツ」という名物料理があるんです!春休みや卒業旅行でスペインへ行こうと思っている人はぜひチェックしてみてください♪

“カルソッツ”ってどんな食べ物なの?

カルソッツ

カルソッツの見た目は完全に長ネギ。でも、タマネギをもとにして栽培されているので長ネギとは別物なんです。食べられるのは11月~4月、最も旬な時期は2月という冬の食べ物。スペインの中でも、バルセロナがあるカタルーニャ州でのみ楽しめる地域限定の食材です。カルソッツは日常的に食べるというより、仲間同士、親戚や家族などが集まったときにみんなで楽しむものとしてカタルーニャの人たちに愛されています。

カルソッツが栽培されているのは、バルセロナの隣、タラゴナ県にあるバイスという場所。一面にネギ畑が広がっています。独特の栽培方法で、ここでしか生産されないとても珍しいものなんですよ。

ネギがメインのBBQ!カルソッツの食べ方

カルソッツ網焼き
Photo credit: Cargolins on VisualHunt / CC BY

カルソッツの食べ方はとてもシンプル。BBQをするときのように網の上に、そのままのカルソッツを並べて、直火で表面が真っ黒になるまで焼きます。

カルソッツの食べ方
Photo credit: Cargolins on VisualHunt / CC BY

出来上がったら焦げた部分を剥いて、「ロメスコ」というソースをたっぷりつけ、切ラズに手で豪快にいただきます!よく焼けたカルソッツはほんのり甘くて柔らかく、ついつい次の1本に手が伸びてしまう美味しさ♪ソースが垂れないように、上を向いて口の中に入れましょう。お行儀が悪いように思えますが、これが正しいカルソッツの食べ方です!

本格的に楽しむなら「マシア」へ行こう

Albaさん(@alba_1991)がシェアした投稿

カルソッツが栽培されているバイスの村の周辺には、農家を改装してつくったマシアと呼ばれる一軒家レストランがいくつもあります。地元の人たちに混ざって、本場の雰囲気の中カルソッツを楽しめます♪シーズン中はとても混み合うので予約をお忘れなく!カルソッツは「カルソターダ」と呼ばれるコース料理の中の一品として出てきます。前菜の位置付けなので、他にも肉料理やパンやデザートなどもあり、かなりのボリューム!お腹をペコペコに空かせてカルソッツを楽しみに行ってくださいね。

また、毎年1月の最終日曜日にはカルソッツ祭りが開催されます。街中で焼かれているカルソッツを食べたり、カルソッツの大食い競争があったり、とても賑やかなイベントです。

■Valls

バルセロナで食べるカルソッツ

バルセロナ・バル イメージ

バルセロナ観光のついでに市内のレストランでカルソッツを楽しむこともできるので、カルソッツやカルソターダの看板が出ているレストランを見かけたらぜひ♪ここでは人気のあるレストランを2件ご紹介します!

地元民の間でも大人気のバル「La Flauta」。カルソッツを単品で注文できるところも大きなポイント!日本でもスペインバルが人気ですが、本場のお店も行ってみたいですね!

■La Flauta
住所
Carrer d’Aribau, 23, 08011, Barcelona
営業時間
7:00~25:00
定休日
日曜日
電話番号
+34 933 237 038

「Cervecería Catalana」はカサ・ミラ、カサ・バトリョなどの観光スポットがあるグラシア通りにほど近く、評判もとてもいいレストランです。

■Cervecería Catalana
住所
Carrer de Mallorca, 236, 08008 Barcelona
営業時間
9:00~25:30
定休日
電話番号
+34 932 160 368

※情報は記事公開日時点のものになります。