• 2018年1月27日更新
  • Yokito

ヒマラヤに囲まれた神秘の国ネパール!マストで見ておきたいオススメスポット特集☆

エベレスト

神秘の国ネパール、珍しい国が好きなアナタなら気になっていたはず…。日本から直行便は出ていないものの、ネパールまでのフライトはバンコクや香港経由で約9時間。世界最高峰のエベレストがある、美しい自然に囲まれた国として知られています。日本では絶対に見られない壮大な景色が数多くあり、エベレストはもちろん、寺院巡りや国立公園など見所満載!今回はそんなネパールのオススメ観光名所をご紹介します☆

2000年もの歴史を誇る「スワヤンブナート」

スワヤンブナート

Photo credit: TenSafeFrogs via Visualhunt / CC BY

まず忘れちゃいけないのが、ネパールの首都カトマンズにある最古の仏教寺院「スワヤンブナート」☆カトマンズの中心地から西へ約2キロ離れた丘にそびえ立っており、なんと2000年もの歴史を誇る寺院なんです!「自然生」もしくは「創造者」を意味する、白い半円と金色の塔(ストゥーパ)がとても印象的で、別名「モンキーテンプル」と呼ばれるほどサルが多く信仰の対象でもあります。
登るのは大変ですが、丘の上ということもあり頂上からの眺めは最高です♪

また、世界遺産にも登録されているカトマンズ盆地は、カトマンズに広がる盆地一帯を指すもので、その美しさは一見の価値ありですよ♪大迫力のヒマラヤ山脈に囲まれており、一年を通して緑が楽しめるエリアとなっています。チベットとインドを結ぶ交易の中継点として栄えた場所であり、多くの寺院や聖堂、また彫刻といった宗教芸術を見ることができます。

■スワヤンブナート

世界遺産にも登録されている「チトワン国立公園」

チトワン国立公園

野生生物保護区であるチトワン国立公園は、敷地内にトラやヒョウ、シカ、サイといった43種類もの哺乳類と、約450種類の鳥類が生息している場所。すごい数ですよね!中でも 象の背中に乗り園内を巡る「エレファントサファリ」の人気が高く、ネパールに来たなら是非チャレンジしたいアクティビティとなっています。象の背中に乗るだなんて、まるで物語の中でしか見たことないような体験になりますよね♪
この国立公園もユネスコの世界遺産に登録されており、サファリの他ラフティングやカヌーといったアクティビティも楽しめちゃいますよ♪

■チトワン国立公園

ネパールに行く際はビザの入手を忘れずに!

ネパールの山々

ネパールに入国の際は必ずビザが必要になります。観光目的であったとしても、15、30、90日と期間によっての申請が必要となっており、事前にネパール大使館でビザを入手しないと入国できないので、こちらは必ず注意しておきましょう☆

ネパールの山々

ネパールは乾期の10月~4月がベストシーズン!ヒマラヤ山脈を見渡すことができ、美しい自然を楽しむのにピッタリな時期ですよ♪乾期の間は雨が降ることもほとんどないため、観光やトレッキングなどのアクティビティを思う存分楽しめますよ!天気が良いのはとってもうれしいですよね!

ネパールの治安と様々な注意点について

ネパールの街並み

また、基本的にネパールの治安は良いと言われていますが、やはり観光地ではスリや置き引きが増えています。旅先で浮かれてしまうと被害に遭う確率も高くなりますので、貴重品などの管理はしっかり自分でしておきましょう!

ネパールの子供

最後に、ネパールへ行く際の注意点として、女性は脚や肩などが露出する服装は控えましょう。また不浄とされている左手で食べ物を持ったり、握手を求めたりしないのも鉄則!頭は最も神聖な部分とされているので、子供の頭も撫でたりしてはいけません。日本とは違ったルールがたくさんありますが、しっかり守って、素敵で神秘的なネパール旅行を楽しんで下さいね♪

まだまだ伝えきれないほどにネパールの魅力はたくさんあります♪普段の生活ではなかなか味わえないアクティビティが満載ですの、ぜひ一生に一度は足を運んでみてくださいね!

この記事は2016年11月19日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。