足湯つきの新幹線!?お座敷指定席やバーカウンターもある「とれいゆ つばさ」で冬の旅を満喫♪

足湯が楽しめる新幹線「とれいゆ つばさ」。「とれいゆ」とは、「トレイン(列車)」とフランス語の太陽を意味する「ソレイユ」を合わせた造語なのだとか。
車窓を眺めながらくつろげる「足湯」、お座敷やバーカウンターのある「湯上りラウンジ」、ゆったりとした畳の「お座敷指定席」で、ほっこりとした冬の旅を楽しんでみませんか?

「とれいゆ つばさ」は、新幹線初のリゾート列車

つばさ

「とれいゆ つばさ」は、福島・福島駅〜山形・新庄駅の区間を、土日祝日限定で運行している新幹線初のリゾート列車です。
16号車には「足湯」のある「くつろぎの間」、15号車には「湯上りラウンジ」のある座敷やバーカウンターの「モノや人との出会いの間」、そして12・13・14号車には「お座敷指定席」の「語らいの間」が搭載されています。山形の食、酒、そして足湯が同時に楽しめる新幹線なのです!

「足湯」を利用するには、足湯利用券が必要

「とれいゆ つばさ」は全車指定席なので、「山形新幹線「つばさ」と同じように運賃の他に指定席特急料金が必要です。また、「足湯」を利用するには足湯利用券が必要となり、定員制なので注意。
足湯利用券を購入するには、「びゅう旅行商品」を利用して事前に1人350円で購入できます。なお、状況によっては、当日に15号車で1人380円で購入できる場合もあります。
足湯が利用できる時間は、1人15分間。足ふきに利用できるオリジナルタオルがついています。

「とれいゆ つばさ」の旅は、「びゅう旅行商品」での予約が便利

せっかく「とれいゆ つばさ」に乗るのなら、思う存分その魅力を楽しみたいもの。
「びゅう旅行商品」には、現地発着プラン、日帰りプラン、温泉一泊プランなど、豊富なラインナップが揃っています。
「足湯」が事前予約できるほか、山形の食材をふんだんに使ったお弁当を楽しんだり、山形県の地産品がついた飲み物セットを楽しんだりすることができます。

■とれいゆ つばさ
足湯(くつろぎの間)料金
事前購入/350円(1名)、当日利用380円/(1名)

リゾート新幹線「とれいゆ つばさ」で、冬の旅を満喫してみませんか?

この記事は2017年1月22日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。