新穂高温泉の日本最大級の露天風呂「水明館 佳留萱山荘(かるかやさんそう)」が最高のロケーション♡

温泉 イメージ
Photo credit: y_katsuuu via Visual hunt / CC BY-ND

北アルプスをはじめとする山々に囲まれた岐阜県・奥飛騨にある新穂高温泉。この温泉地に、とてつもなく大きくて開放的な、女性にオススメの露天風呂を備えた旅館があるんです。その名も「水明館 佳留萱山荘(かるかやさんそう)」。今回は、この露天風呂の魅力をたっぷりお伝えします!!

大露天風呂の広さは250畳!?

露天風呂は混浴ですが、大きく3つに分かれていて、全部合わせるとその広さはなんと250畳分!250畳って…想像出来ない大きさですよね。日本屈指の広さなので、どこに入って落ち着いたらいいのか悩んでしまいそう。そして目の前には美しい山の絶景が広がります!春や夏は緑の木々を眺め澄んだ空気を吸いながら、秋は紅葉とともに、そして冬は雪化粧した山々を楽しみながらと、一年中美しい風景を楽しむことができます。開放的な気持ちになって、思わず日常生活を忘れてしまいそうですよね。
毎分1,110リットル湧くというその温泉は、浴槽では42℃から45℃くらいの温度。湯の色はやや緑がかった透明、鉄錆のような温泉特有の味もします。

女子だけでゆっくりできる露天風呂♪

大露天風呂の次に広いのが、女性専用の露天風呂。専用のため、囲われてはいますが圧迫感などはなく、雄大な自然を眺めながらのんびりと入浴出来ますよ♪温泉の色は、大露天風呂より少し白く濁っており、温度は39℃から42℃ほどと、大露天風呂より少しぬるめです。

貸切露天風呂は3種類も!

Kazukiさん(@fu_shi24)が投稿した写真

また、家族やカップルなどで楽しんでもらえるよう、貸切露天風呂は3種類あります。8角形のユニークな形をしたお風呂は、広めな設計なので家族などにオススメ!また川のすぐそばにあり槍ヶ岳を一望できるロケーション自慢のお風呂は、蒲田川の渓流を間近に感じることがきます。釜風呂もあり、こちらは大正時代に味噌を作る時に豆をたいていた釜を使っているとのこと。どれも個性的なお風呂ばかりですよね♪
また、宿泊者だけでなく日帰り入浴も可能なのが嬉しいところ。敷地内にはキャンプ場もあるので、夏などはキャンプの後に汗を流してからこちらの温泉に浸かって帰るのもいいですよね♪
眺めもよく、広々とした最高のロケーションを楽しめる「水明館 佳留萱山荘」。日本最大級の広い温泉にぜひ温まりに出かけてみてくださいね♪

■水明館 佳留萱山荘(かるかやさんそう)
住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555
電話番号
0578-89-2801
この記事は2016年12月22日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。