マドリードから日帰りも可能♪世界遺産の街「セゴビア」の歴史ある美しい建造物に魅せられる!

スペインの首都マドリードから北西約70kmの場所にあるセゴビア。「セゴビア旧市街とローマ水道橋」として世界遺産に登録されている有名観光地です。マドリードからの交通の便が非常に良く、日帰りで気軽に訪れることが可能なので、旅行プランが組みやすいのが嬉しいポイント。それぞれの観光スポット間は徒歩でまわることができる距離なので、次の場所に移動しつつ旧市街の雰囲気を楽しむことができますよ。古代ローマ時代から中世にかけての建造物が数多く残り、歴史と情緒あふれる街、セゴビアの魅力をご紹介します♪

セゴビア観光のハイライト「ローマ水道橋」

ローマ水道橋

セゴビア一有名な景観と言ったら、この「ローマ水道橋」ではないでしょうか。全長約800m、最も高い場所で約30mにもなる水道橋で、積み上げられた石の重さだけで現在の姿を保っている驚くべき建造物です。近くで見るとその大きさに圧倒されます。遠くの川から高地にあるセゴビアの街に水を引くため、2000年以上も前に建設された、古代ローマ人の技術の賜物です。その後、侵略してきたイスラム勢力に一部破壊されましたが、修復を経て19世紀末まで使用されていたそう。ヨーロッパには他にもローマ時代の水道橋の遺構が残っている場所がありますが、セゴビアの水道橋は当時の姿をとどめている数少ないものの一つです。規則正しく並ぶ2層のアーチはとても美しく、まるで街に溶け込むように造られた芸術作品のよう。そのあまりの精巧な構造と大きさから、“悪魔が一夜で造った”という伝説があるほどなのです。

■ローマ水道橋
住所
Plaza del Azoguejo, 1, 40001 Segovia

白雪姫のモデルになったお城「アルカサル」

アルカサル

セゴビアの「アルカサル(スペイン語で城や王宮の意味)」は、12世紀頃から城として存在してきました。かつてローマ帝国の時代に要塞として使用されていた痕跡も残っているそうで、とても歴史深いスポットです。アルカサルがある丘は2つの川に挟まれ、旧市街の反対側から眺めると川に削られた険しい崖の上にあることがわかるのですが、この立地が城を築く条件に適していたのでしょう。また、昔は王の戴冠式や王族の婚礼儀式が執り行われるなど、スペインの重要な歴史の舞台になってきた場所でもあります。
城内部は「王の広間」「玉座の間」などをはじめ、複数の部屋を見学してまわることができます。豪華な天井の装飾、壁にかけられた美しい織物や絵画、綺麗なステンドグラスなどは見ているだけで優雅な気分に浸れそうですね。しかし、実は現在あるほとんどのものは19世紀に復元されたものであり、オリジナルの大半は大火災で消失してしまいました。ちなみにアルカサルはディズニー映画『白雪姫』のモデルになった城としても有名!写真の等のところが白雪姫に出てくるお城を思わせる形をしている気がしませんか?

■アルカサル
住所
Plaza Reina Victoria Eugenia, s/n, 40003 Segovia
営業時間
4~9月/10:00~19:00、 10~3月/10:00~18:00
電話番号
+34 921 460 759

建設に費やした年数は200年以上!「セゴビア大聖堂」

セゴビア大聖堂

スカートの裾を広げたような外観から、“大聖堂の貴婦人”と呼ばれている「セゴビア大聖堂」。16~18世紀にかけてゴシック様式で造られたカテドラルは、華やかさのある外観に加え、内部は美しいステンドグラスや彫刻のほか、大きなパイプオルガンや立派な祭壇によって豪華にあしらわれていて、とても見ごたえがあります。カテドラルのあるマヨール広場ではマーケットも開かれているので、時間に余裕のある方は併せてそちらも楽しめますよ。

■セゴビア大聖堂
住所
Plaza Mayor, s/n, 40001 Segovia
営業時間
4~10月/9:00~21:30、11~3月/9:30~18:30
電話番号
+34 921 462 205

マドリードからセゴビアへのアクセス方法

マドリードの街並み

マドリードからセゴビアへ向かう手段としてバスと鉄道があります。 バスを利用する場合はMoncloaバスターミナルからLa Sepulvedana社のバスに乗ります。バスターミナルは地下鉄3号線と6号線が通っているMoncloa駅と直結しています。マドリード→セゴビア便は日中の便数が多く30分~45分ごとにあり、なおかつセゴビアのバスターミナルから水道橋までは歩いて数分の距離なので、簡単にアクセスできておすすめです。バスの所要時間は約60分で、料金は片道7.89ユーロ。
鉄道利用の場合はMadrid Chamartin駅から高速列車に乗り、Segovia AV駅で下車、その後11番か12番の路線バスに乗り、旧市街まで行く必要があります。列車の乗車時間は約30分とバスの半分の所要時間ですが、その後のバス移動を考えると時間の差はほぼないでしょう。料金は列車のタイプや時間帯で片道12.90ユーロから24.40ユーロまでかなり差があるので(所要時間はほぼ同じ)、出費を抑えたい際は注意してくださいね。

美しい観光スポットがたくさんあるセゴビア。マドリードから日帰りが可能なので、弾丸旅行の際でもプランに組み込めそうですね。スペイン旅行の際にはぜひ、セゴビアにも足を運んでみてください。

※情報は記事公開日時点のものになります。