無形文化遺産にも登録された、世界が注目する日本の誇り!日本三大祇園祭り特集

日本に古くから伝わる祭(まつり)の中でも、歴史ある行事として各地で愛され続けているのが「祇園祭」。中でも、今回ピックアップする京都祇園祭、博多祇園山笠、会津田島祇園祭は「日本三大祇園祭」に数えられ、うち京都祇園祭と博多祇園山笠のふたつは無形文化遺産にも選定されています。体験しなきゃもったいない夏の風物詩、祇園祭の魅力をご紹介しましょう!

京都に夏の到来を告げる、代表的な祭り「京都祇園祭」

京都祇園祭
Photo credit: hiyang.on.flickr via Visual hunt / CC BY

無形文化遺産に登録されている京都祇園祭、その歴史は1100年も前にさかのぼります。869年に疫病が流行した際に退散の祈願を行ったことが起源です。祭りは7月1日〜31日までの7月いっぱい開催され、特に祭りが最高潮に盛り上がる山鉾巡行と神輿渡御には、多くの観光客が観覧しに来ます。毎年7月に八坂神社を本社として行われる京都祇園祭は、京都の夏の風物詩としても有名な日本を代表する祭りでしょう。

とにかく熱い!九州男児の漢気溢れる「博多祇園山笠」

博多祇園山笠

無形文化遺産の仲間入りを果たした博多祇園山笠の開催期間は、毎年7月1日~15日です。この祭りに欠かせないのが山笠。「飾り山笠」は装飾性が高く、観賞用として14カ所で披露されます。一方「舁き山笠」は、7つの団体がそれぞれの山笠を担いで市内を駆け回るのが見ものです。祭りのフィナーレ「追い山笠」では、櫛田神社境内に山笠を舁き入れ、そのタイムを競い合います。見学席は人気で、発売開始すぐに券が売り切れてしまうほどです。

天領の誇りと心意気が集結する「会津田島祇園祭」

@pppeettoooが投稿した写真

会津田島祇園祭は800年以上もの歴史を持つ、福島県が誇る夏の祭りです。毎年7月22日〜24日に開催されます。7月22日の宵祭は、子供歌舞伎を上演。子供だからと侮れない、迫真の演技が感動を誘います。子供たちを乗せた屋台が勇ましく駆け抜ける大屋台運行も見ものです。23日の本祭は、会津田島祇園祭で一番の見どころ、七行器行列が行われ、豪華絢爛な花嫁さんが続々と歩く姿は、厳かで優雅。そして、最終日24日の太々御神楽祭で締めくくられます。

祇園祭は、日本三大祇園祭以外にも全国各地で開催されています。古くから守り愛されてきた伝統の祭を間近で感じ、ステキな夏の思い出を作りましょう!

この記事は2017年1月15日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。