可愛い雑貨やオシャレな食器に出会える♪新潟県の沼垂テラス商店街へ行こう!

カラフルな北欧雑貨やずらりと並んだ古本、味のあるアンティークに天然石やパールのオリジナルアクセサリー…可愛くてちょっとレトロなアイテムは、女ゴコロをくすぐりますよね。今回は、まさしくそんなお店ばかりが立ち並ぶ、新潟県の「沼垂(ぬったり)テラス商店街」をご紹介します。

沼垂テラス商店街ってどんなところ?

沼垂テラス商店街

沼垂テラス商店街は、JR新潟駅から徒歩約17分のところにあります。この辺り一帯は沼垂と呼ばれる町で、信濃川の河口付近の一部を成しています。沼垂テラス商店街が誕生する前は地元の農家が店を出す市場が広がっていました。2000年代は大型スーパーの建設や経営者の高齢化によりシャッター街と化していた時期もありましたが、2010年代から若い人々が古い長屋を利用してお店を開きはじめ、2016年には「地域再生大賞」の準大賞に選ばれるほど再生が進みました。現在では計28店舗が集まっています。

古い町並みを残したレトロな雰囲気が漂っていて、軒を連ねるのは雑貨店や家具店、カフェ、パン屋など可愛らしくてオシャレなお店ばかり。思わず写真におさめたくなる、フォトジェニックなスポットです。

■沼垂テラス商店街
住所
新潟県新潟市中央区沼垂東3丁目5
電話番号
025-384-4010(管理事務所・株式会社テラスオフィス)

商店街の歩き方♪ランチや新潟ならではのお土産も

沼ネコ焼

商店街を訪れたら、まずは沼垂テラス商店街名物「沼ネコ焼」は外せません!惣菜とスイーツのお店「Ruruck Kitchen」で販売している猫の顔がプリントされたキュートなおやつで、新潟県産コシヒカリ使用のもちもち生地の中に、あんこやカスタード、チョコレートがたっぷりと入っています。お土産用のものは常に購入できますが、土・日曜日には実演販売されているのでアツアツの沼ネコ焼が食べられますよ。その他惣菜も扱っているので、ランチに訪れてもいいかもしれませんね。

可愛い小物や食器を買い求めるなら「青人窯」がおすすめです。陶磁器工房であり、陶芸教室も行われています。工房内にはショップスペースがあり、柿や梨などの天然の灰から作られる釉薬を使ったカップやソーサー、花器や箸置きなど、可愛らしく温かみのある陶器がずらりと並びます。中には新潟の土を使ったものもあり、お土産にぴったりですね。金~日曜日には、予約をすれば3,500円で陶芸体験ができるので、思い出作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■Ruruck Kitchen
住所
新潟県新潟市中央区沼垂東3-5-22
営業時間
平日/10:30~14:00、15:00~18:30(11月~2月は18:00まで)、土曜日/10:30~15:00
定休日
第2・4・5土曜日、日曜日、祝日
電話番号
025-245-6789、025-384-4010
■青人窯
住所
新潟県新潟市中央区沼垂東3丁目5-24
営業時間
10:00~17:00
定休日
月曜日、火曜日、水曜日
電話番号
090-2246-1687

周辺も散策してみよう!

沼垂テラス商店街で可愛らしい雑貨や美味しい食べ物を堪能したら、周辺にも足を延ばしてみましょう。「今代司酒造」は、お酒好きの方にはぴったりのスポット。江戸時代に創業し、明治時代から本格的に酒造りに取り組んだという歴史ある酒蔵で、新潟産の酒造りに適した米と、新潟市の背後にそびえる菅名岳の天然水を使用しています。レトロな雰囲気の酒蔵が見学できるだけでなく、お酒の購入や試飲も楽しめます。

今代司酒造の近くには、日本初の糀ドリンク専門店「古町糀製造所 蔵座敷店」もあります。糀とは、穀物にコウジ菌を付着させて繁殖させたもので、日本酒や味醂などを発酵させる際に必要となります。古町糀製造所は、その糀と米のみを使って甘味を引き出し、アルコールを含まない甘酒を作り上げました。これを糀ドリンクと呼び、大正時代の蔵を改修した蔵座敷店で販売しています。上記のスポットはいずれも沼垂テラス商店街から徒歩10分以内にあり、お酒好きの人もそうでない人も楽しめるので、気軽に散策してみてくださいね。

■今代司酒造
住所
新潟県新潟市中央区鏡が岡1-1
営業時間
9:00~17:00
定休日
無休(年末年始除く)
電話番号
025-245-3231
■古町糀製造所 蔵座敷店
住所
新潟県新潟市中央区中央区明石2-3-44
営業時間
11:00~18:00
定休日
火曜日、年末年始
電話番号
025-288-6620

見ているだけで楽しくなるお店が立ち並ぶ沼垂テラス商店街。周辺にも見どころがありさまざまな楽しみ方ができますので、ぜひ訪れてみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。