栃木県宇都宮市にある「大谷資料館」が幻想的!ロケ地としても有名な巨大地下空間へ行こう!

餃子で有名な栃木県宇都宮市にある、大谷石地下採掘場跡をご存じですか?知らないなんてもったいない!かつて、この地で採掘がおこなわれた産業遺跡が、美しい地下空間に変貌した光景は、息をのむほどステキ♡関東圏の神秘的な地下採掘跡で、知的探訪してみませんか?

旧帝国ホテルにも使われた大谷石の魅力

幻想的な大谷資料館

大谷石とは流紋岩質角礫凝灰岩の総称であり、宇都宮市大谷町一帯で採掘されていました。軽く柔らかく、耐火性に優れており加工がしやすいという特徴を持ち、古くから釜戸や土台石、敷石、外壁などの建築素材として使用されています。本格的に採掘がはじまったのは、江戸時代の中頃です。現在はカラフルなライトに照らされ、美しく幻想的な地下空間となっています。

世界三大建築家の一人「フランク・ロイド・ライト」が設計し、大正時代に建てられた「旧帝国ホテル」にも、この大谷石は使われています。関東大震災や戦災からも焼け残り、ロイドの傑作といわれるようになり、その後大谷石ブームを巻き起こしたとか。控えめな地色の大谷石は、昭和初期には教会などにも多用されました。旧帝国ホテルは解体され、愛知県犬山市の「明治村」にライト館が移築展示されました。こちらでは大谷石の紹介もされています。

壮大な採掘跡を紹介する大谷資料館

大谷資料館では、地質の説明をはじめ、採掘方法や運搬方法、機械化後の様子などを、当時使っていた道具の展示を交えて紹介しています。ひんやりと冷たい地下から切り出された石の数は約1000万本。広さ2万㎡、深さ30mもあり、他では見られない不思議な地下空間となっています。採掘の時にできた、波打つような模様などそれぞれに異なった岩肌は非常に興味深いもの。

大谷資料館

また、さまざまな映画やドラマのロケ地にもなっており、幻想的でフォトジェニックな地下空間は、三代目 J Soul Brothersや加藤ミリヤなどのミュージックビデオやライブ用映像の撮影地にもなっており、エンタメ業界でも注目されています。
その写真などを展示しています。ライブや能楽、演劇が開催されるステージがあるほか、十字架が置かれた部屋では結婚式も行われています。館内の気温は年間平均8℃と非常に寒いので、羽織るものは必須ですよ。

■大谷資料館
住所
栃木県宇都宮市大谷町909
営業時間
4~11月/9:00~17:00、12~3月/9:30~16:30
休館日
4~11月/無休、12~3月/毎週火曜日休館、12月25日~1月1日/休館
電話番号
028-652-1232
料金
大人/800円、子供(小・中学生)/400円、未就学児/無料
アクセス
バス/JR宇都宮駅西口6番乗り場から大谷・立岩行き、資料館入口下車約20分 徒歩5分
車/北関東自動車道 宇都宮上三川ICから約40分

地底のディープな世界をボートで探検!地底湖ツアー

Morganさん(@pleiades.prince)がシェアした投稿

見学だけでなく、さまざまな遊び方ができるのも魅力です。周辺に広がる里山の散策にはじまり、採掘場の地下に広がる、川からの水が流れ込み湖となった幻想的な地底湖を、ボートツアーで探検できます。

@betsukoがシェアした投稿

<

地下の真っ暗な闇の中でのクルージングは、ここでなければ味わえない体験です。ツアーは大谷資料館主催ではなく地元の旅行会社が行っており、ボートの上でガイドさんがレクチャーする採掘場の話は興味深いものばかり♪ひんやりとした岩肌は、かつて職人が彫った跡をリアルに感じられます。

■地底湖ツアー(えにしトラベル)
住所
栃木県宇都宮市新里町丙254(道の駅うつのみやろまんちっく村内)
電話番号
028-689-8782

ブレイクタイムにも便利♪オオヤ ミュージアム ロックサイド マーケット

nenemoriyyさん(@nenekooo)がシェアした投稿

大谷資料館に隣接する、モダンカフェとショップも魅力。木の温もりを活かした店内を、大谷石で装飾しており、これがまたステキ♪カフェでは、栃木県産の食材を使ったおしゃれ系のガレットが人気で、日替わりで多彩なフレーバーを楽しめる本格的なジェラートも好評です。

センスのよい雑貨店でのお土産探しも外せません。大谷石を使ったオリジナル雑貨や地元のアーティストとのコラボ商品もあり、立ち寄る価値あり♪

■オオヤ ミュージアム ロックサイド マーケット
住所
栃木県宇都宮市大谷町909 2F
営業時間
9:30~17:00
定休日
木曜日 ※祝日やGW、8月は無休
電話番号
028-688-8604

大谷石採掘跡はフォトジェニックなスポットやアクティビティもある魅力たっぷりの観光スポットです。次のお休みは、トレンディーな知的探訪を体験しに、ぜひ大谷石地下採掘場跡へ行ってみてください!

※情報は記事公開日時点のものになります。