• 2018.3.3更新
  • Akane

チェンマイに来たなら訪れるべきお寺!金色に輝く「ドイ・ステープ寺院」に行ってみて

街の至る所にお寺があるチェンマイ。寺院巡りを堪能できますが、滞在期間が短い場合いったいどこを見ておくべきなのか分からない…ともなってしまいがち。そんな時、外せないのが「ドイ・ステープ寺院」です。
寺院周辺には他の観光スポットとして、タイ王族の避暑地であるプーピン・パレス、山岳民族モン族達が暮らす小さな村ドイ・プイがあります。どちらもそう遠くないので一日で十分に見て回ることができます!

タイならではの荘厳なお寺、ドイ・ステープ寺院

ドイ・ステープ寺院

ドイ・ステープ寺院の呼び名で知られていますが、正式名称はワット・プラタート・ドイ・ステープです。1383年、当時のランナー王朝のクーナー王によってステープ山の山頂に建設されました。寺院の中心にそびえ立つ黄金のパゴダには、仏陀の遺骨が収められています。
タイ国内から絶えず参拝者が訪れ、チェンマイに来たなら必ず訪れたい観光地としても知られているんですよ。
寺院の入り口から山頂のパゴダまでは306段もの階段を登る必要がありますが、足に自信のない方は併設されたケーブルカー(20バーツ)を使いましょう!階段もしくはケーブルカーを登った先にある販売所にて入場料(30バーツ)を支払い、中に入ります。タイでは寺院を参拝する際には靴を脱ぐ必要があります。また、タンクトップやハーフパンツなど露出の多い服装では参拝出来ないので覚えておいてくださいね。
きらびやかな装飾が施され美しく保たれた寺院からは、タイ人の熱心な信仰心がうかがえます!寺院周辺は展望台にもなっていて、晴れた日には美しいチェンマイ市街をぐるっと見渡すことができますよ♪

■Wat Phra That Doi Suthep(ワット・プラタート・ドイ・ステープ)
住所
Wat Phra That Doi Suthep Road Tambon Su Thep, Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200
拝観時間
6:00~18:00
定休日
電話番号
+66 53 295 003

手入れの行き届いた庭園が美しい、プーピン・パレス

プーピン・パレス
Photo credit: avlxyz on VisualHunt.com / CC BY-SA

ドイ・ステープ寺院から5kmほど車を走らせた先に、タイ王族専用の避暑地であるプーピン・パレスがあります。王族が使用していない時だけ、全体の半分ほどの区域を見学することができます。(入場料:50バーツ)こちらもドイ・ステープ寺院と同じく、肌の露出を控えた適切な服装で訪れるようにしてくださいね。
こちらの見どころは何と言っても美しく手入れされた庭園!バラをはじめとした様々なお花が栽植されていて、ガーデニング好きにはたまりません♪運が良ければ、そんな花々に誘われてやってくる沢山の野鳥や蝶が見られるかも?お出かけの際は、カメラと双眼鏡を忘れずに!

■Bhuping Palace(プーピン・パレス)
住所
The Bhubing Palace Doi Buak Ha, Tambon Suthep, Muang District, Chiang Mai Province
開園時間
8:30~16:30(チケット販売は15:30まで)
休館日
王族の訪問期間(1~3月)
電話番号
+66 53 223 065

山岳民族モン族達の可愛らしい村、ドイ・プイ

ドイ・プイ

プーピン・パレスから更に5kmほど山奥に進むと、山岳民族モン族の小さな村ドイ・プイがあります。村の細い道沿いにはレストランやカフェ、お土産屋さんなどがずらっと並んでいて、モン族の刺繍が施された服や雑貨、地元で生産された紅茶やコーヒー豆などが売られています! 村には様々なお花が咲きほこる庭園、マイナスイオンたっぷりの小さな滝や、山岳民族資料館などの見どころがたくさんあります。中でも女子に人気なのは、カラフルで可愛いモン族の衣装を借りての記念撮影!(150バーツ)ドイ・プイならではのセルフィーを心ゆくまで楽しんじゃいましょう♪

Sanaka Itoさん(@snk_24)がシェアした投稿

■Doi Pui(ドイ・プイ)
住所
Su Thep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200
営業時間
8:00~17:00
定休日

チェンマイ市内からのアクセス方法

ソンテウ

ツアーに参加、バイクで行くなどの方法がありますが、チェンマイ市内からはソンテウ(乗り合いタクシー)の利用が一番経済的でオススメです! 市内の数ヵ所のソンテウ発着所からドイ・ステープ寺院までは片道50バーツ、寺院からプーピン・パレスとドイ・プイまでの片道はそれぞれ30バーツです。私は旧市街北部のチャンプアック門付近の乗り場を利用しました。ソンテウはある程度人数が集まってから出発するので、時間に余裕がある時の利用をオススメします。 ただし、プーピン・パレスとドイ・プイも行く場合、そこからチェンマイ市内までの復路ソンテウが見つからない場合もあるので、確実に3ヵ所を巡りたければソンテウを一日チャーターしましょう!当日、流しのソンテウドライバーにこれらの3ヵ所へ行きたい、と声をかければOK。相場は人数にもよりますが、400~600バーツほど。これで安心して一日観光に集中することができます。

チェンマイ滞在中、ちょっと足を延ばして、山の新鮮な空気を吸いに行ってみてはいかがですか?

※情報は記事公開日時点のものになります。
Akane
旅するフリーランスイラストレーター、デザイナー兼バリスタ。イギリスで英語とデザイン留学、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドでワーホリを体験し、現在海外ノマド生活中。ブログにて5年以上の海外生活や旅の中で培ってきた知識、英語、旅行、海外ノマド情報を発信中!
ブログ:http://wandering-bee.com/