これを見ずして春は越せない!?奈良の「吉野千本桜」の魅力

春のイベントといえば「お花見」。桜を見ると春を感じることができますよね。今回は数ある桜の名所の中でも絶景として知られ、平安時代から和歌に詠まれるほど歴史がある、奈良の吉野千本桜をご紹介!吉野千本桜を観賞するベストスポットや、吉野名物の甘味処も合わせてご紹介します。

三万本の桜が咲き乱れる吉野千本桜の魅力にせまる!

吉野千本桜

吉野山にある桜は、全国の桜の名所のほとんどの桜が「ソメイヨシノ」であるのに対して、「ヤマザクラ」という種類が咲いています。今から約1300万年前に、ヤマザクラの木に仏を刻んでお祀りしたことから、神木として崇められているのです。そもそもは花見のためではなく、信仰の証として信者たちによって植樹され今の吉野千本桜ができあがりました。ヤマザクラは開花すると同時に赤茶色の若葉が出てくるので、遠目で見ると桜との美しいグラデーションを楽しめます。一目見ると千本の桜に見えるということから、「千本桜」や「一目千本」などと例えられます。

吉野千本桜の見頃とベストスポットはここ!

吉野山 桜

吉野千本桜は標高の低いエリアから順に開花していき、下千本・中千本・上千本・奥千本の四か所に分かれて密集して咲いています。それぞれの見頃の時期は、下千本が4月7日前後から、中千本が4月8日前後、上千本が4月10日前後、奥千本が4月15日前後です。
下千本エリアは駐車場から近く、NHKのお天気カメラが設置されているほど吉野山随一の場所といわれています。
中千本エリアにある「吉水神社」は世界遺産として知られ、境内から見る景色には、中千本はもちろん下千本の桜も同時に見渡せるので、雄大な桜景色を堪能できるスポットです。
上千本エリアから坂道が多くなりますが、頑張った分だけ大パノラマで桜景色を見られる抜群のエリアになります。
奥千本エリアまで行くと、静かな雰囲気の中でひっそりと咲いている桜を堪能できますよ。

■吉水神社
住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山579
営業時間
9:00~17:00
定休日
電話番号
07463-2-3024

桜と合わせて訪れたい!吉野名物の葛もちや葛切りもおさえよう!

ちゃつぼ 芳魂庵
Photo credit: coniferconifer on Visualhunt / CC BY

吉野には桜はもちろん、甘味処で葛もちや葛切りも名物です。桜を見に行ったら一緒に味わうべきオススメを2店舗ご紹介しますので、ぜひ足を運んでみてください。
まずは賞味期限が10分というこだわりを持った葛切りがあるお店「葛屋 中井春風堂」。最高級の吉野本葛を使い、こだわり抜いた丁寧な製法で作られた葛切りは、できたてを味わってもらうために、注文をしてから作り始めます。美味しく食べられる賞味期限は10分というこだわりの味が楽しめる甘味処です。
2つ目の「ちゃつぼ 芳魂庵」は下千本と中千本の真ん中あたりにあり、気軽に寄って休憩できる雰囲気のお店です。地元の材料にこだわり、全て手作りで提供をしてくれ、和の雰囲気でホッと一息つける空間が広がっているお店ですよ。

■葛屋 中井春風堂
住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山545
営業時間
10:00~17:00(オーダーストップ 16:30)
定休日
水曜日(冬期は土曜・日曜のみ営業)
電話番号
0746-32-3043
■ちゃつぼ 芳魂庵
住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山550
営業時間
9:00~17:00
定休日
不定休
電話番号
0746-32-8207

まさに“咲き乱れる”といった風情のある吉野の千本桜!ぜひ一度は足を運んで、平安時代から続くその景観を直接見たいものですね。

この記事は2017年3月6日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。