カラフルでド派手なガイコツのお祭り。メキシコの「死者の日」に行ってみたい!

「死者の日」はメキシコの死者を偲ぶ行事。毎年11月1日・2日に亡くなった人々の魂がこの世に帰ってくると言われます。日本のお盆に似ていますね。祖先の墓参りの後には墓地から家まで仮装行列ができます。メキシコ全土で開催されていますが、地方によって特色があります。1日には子どもの魂、2日には大人の魂が帰ってくる、と言われているそう。

お土産やメイクも!“ガイコツ”が溢れるメキシコの街

メキシコ土産のスカル

メキシコでは古くから、先住民が祖先のガイコツを飾るという習慣がありました。この名残で死者の日が近づくと、街中にガイコツのグッズや砂糖菓子が溢れます。ガイコツの表情もリアルなものから可愛らしいものまで種類が豊富。インパクトがあってお土産としてぴったりなので、この時期にメキシコを訪れたなら必ずチェックしてみてくださいね♪

死者の日メイク

死者の日の期間中は、主に夜に人々がガイコツのフェイスペイントや死者の仮装をして街を歩きます。子どもから大人まで、派手な衣装を着て賑やかに過ごすんですよ。街中では楽団による生演奏があったりと、陽気な雰囲気がとっても南米らしい♪街では死者の日の前日であるハロウィンの夜から、このような光景が見られますよ。

メキシコらしさ120%!ド派手に飾り付けられた祭壇は必見

死者の日の可愛い祭壇
Photo credit: gabofr on Visual Hunt / CC BY

死者の日には祭壇が設けられ、故人の好物やフルーツなどが供えられます。とにかく派手なこの祭壇にはお香やろうそくが用意される他、マリーゴールドの花を中心に色とりどりの花で飾られるのが特徴。これは、故人の魂が迷わずまっすぐ戻ってこられるように、との願いが込められているんですよ。

カラフルなパン「パン・デ・ムエルト」

また、祭壇に欠かせないのが「パペルピカド」と言うカラフルな切り絵と、「パン・デ・ムエルト」という死者の日用のパン。日本では見ることができない、カラフルで派手な飾り付けは必見です。祭壇は家の中だけでなく、軒先や墓地、人が多く集まる広場でも見ることができるので、散策しながら探してみてくださいね♪

「死者の日」に行くなら、ハニッツィオ島とオアハカがオススメ

オアハカ

死者の日はメキシコ全土で行われているので、どこでも見ることができますが、人気スポットはミチョアカン州ハニッツィオ島と、オアハカ州オアハカ。メキシコ内外からツアーが組まれるほどで、他の地域とは少し違う、死者の日を見ることができます。2ヵ所ともとても人気なので、期間中は混雑必至ですよ!

ハニッツィオ島

ハニッツィオ島はメキシコ中部に位置する湖に浮かぶ島。こちらでは死者の日に、人々が墓地に食べ物を供え、一晩中松明を燃やして祈る習慣があります。墓地には無数のロウソクが灯り、幻想的な雰囲気。島には街灯が少ないので都市部と違って、伝統的な死者の日を見ることができますよ。

オアハカの祭壇
Photo credit: Loelle on VisualHunt / CC BY

首都メキシコシティから南へ約470kmにあるオアハカ州の州都オアハカ。先住民の文化が色濃く残り、スペイン植民地時代の建物が残る世界遺産の街です。観光スポットがたくさんありますが、街が一番賑わうのが死者の日。民族衣装を着てガイコツのメイクをしたダンサーの踊りや、パレードを見ることができますよ。

先祖へ祈ったり、墓参りしたり、と日本のお盆にそっくりですが、カラフルで派手な雰囲気はメキシコならでは。メキシコらしさを体感するには、とってもオススメの期間ですよ。

■メキシコ
■ハニッツィオ島
■オアハカ

※情報は記事公開日時点のものになります。