まさに日本のエーゲ海!岡山県の「牛窓」がロマンティックでおすすめ

岡山県南東部にある牛窓町。瀬戸内海に面している街で、知られざる魅力がたっぷり詰まった、カップル旅行にもおすすめのスポットです!まるでエーゲ海のように素敵な、牛窓町の魅力をご紹介します

牛窓ってどんな場所?カップルで楽しめる牛窓町の魅力

牛窓
Photo credit: yukop via Visualhunt / CC BY-SA

“日本のエーゲ海”と称されるほど、美しい景色に目を奪われる牛窓町。岡山県瀬戸内市にある、瀬戸内海に面した港町です。暖かい気候を活かしたオリーブ園や、海を眺めることができる宿泊施設など、思わず訪れたくなる魅力がたくさんあります。
日本の夕陽百選に選ばれる景色を眺めたり、シーカヤックなどのマリンスポーツも体験できるので、アクティブなプランもできます。中でも、牛窓に行くならぜひ訪れてほしい、2つのスポットをご紹介いたします!

自然の神秘!黒島から繋がる「ヴィーナスロード」

「まるでエーゲ海!」な景色を楽しみたいなら、オリーブ園がオススメ。展望台には、3回鳴らすと幸せが訪れると言われる「幸せの鐘」があり、恋人の聖地にも認定されています。
オリーブ園から見渡せる瀬戸内海の潮が引くと、海の中から「ヴィーナスロード」と呼ばれる1本の道が出現します。黒島と、中ノ小島、端ノ小島が弓型につながるため渡ることができ、自然の神秘を歩いて体験することができる必見のスポットです!

幻想的な光がロマンチック!ウミホタル

牛窓の海岸ではウミホタルを見ることができます。夜になると幻想的な青い光をはなつウミホタルを見れば、ロマンチックな雰囲気に!

日本のエーゲ海と言われるほど景観に優れ、ウミホタルの幻想的なきらめきも美しい牛窓。今回ご紹介した“見る”スポットだけではなく、アクティビティも充実しているので、瀬戸内海の魅力を十分に堪能できますよ!

■牛窓町
この記事は2016年11月6日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。