アジア海外旅行に行くなら抑えたい♪食事の基本マナーについて

世界の国々では、それぞれ食事マナーが異なります。日本では常識でも、海外ではマナー違反になることも!旅行をするなら知っておきたい、アジアの食事マナーをご紹介します。食事マナーの基本をおさえて、海外旅行をより楽しみましょう。

茶碗やお椀を手に持つのはNG!韓国の食事マナー

韓国料理

韓国では、ご飯茶碗やスープのお椀を手に持つのはマナー違反になってしまいます。お茶碗やお椀は、テーブルに置いたまま食事をしましょう。また、韓国料理はシェアする前菜が何品も出てきますが、直箸はNG。ソースやタレに二度つけするのも失礼だと思われてしまうので注意しましょう。お酒の席ではすすめられたお酒を断ることがNGとされています。さらに、目上の人と食事をするときにお酒をそそいだり、食べ物をシェアしたりするときは、まず目上の人からです。自分の年齢や立場が一番下の場合には、最後に自分のお酒や食事をとりましょう。

中国では少しだけ食べ残すのがマナー

テーブルいっぱいの中華料理

中国では食べ残すのがマナーとされており、食べ残す目安の量はチャーハンならば「レンゲですくいきれない程度」といわれています。しかし、まだ食べたいのに無理して残す必要はありません。また、中国では食器に口をつけるのはNG。見た目の豪華な中華料理は、見た目を崩さないように取り分けるのも礼儀だといわれています。

台湾での麺類はスープまでレンゲで飲み干しましょう

台湾料理・牛肉麺

麺類やスープの多い台湾料理は、日本食のように音を立てて食べるのはNGです。スープを飲むときはお椀を口に持っていくのではなく、スプーンやレンゲを使用しましょう。台湾では麺類を食べるときには、スープまで飲み干すのがマナーだといわれていますので、注意しておいてくださいね。

ベトナムではご飯をかきこむように食べるのがマナー

ベトナム料理・フォー
Photo credit: JavaSquid on VisualHunt.com / CC BY

ベトナムでは、ご飯はかきこむのがマナー。日本のお米と違いパサパサとしているので、お箸でつまむことが難しいのです。そのためお茶碗は口につけて、お米をかきこむように食べるのがマナーといわれています。しかし、口につけるのはお茶碗だけ。お茶碗以外の食器類は口につけず、スプーンですくって飲むのがマナーです。ベトナムを代表する料理である「フォー」を食べるときにも、必ずスプーンを使いましょう。

同じアジアでも、これだけマナーの違いがあるのは驚きですね。日本には「郷に入っては郷に従え」ということわざがあります。その土地の習慣や習わしに従い、敬意を払って旅行を楽しみましょう!

この記事は2017年1月20日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。