朝日に照らされた干潟は絶景!兵庫県の新舞子海岸でベストショットを狙おう♪

兵庫県たつの市にある新舞子海岸は、春は潮干狩り、夏は海水浴場として人気の高いスポット。特に日の出や日の入りの時間帯には、美しい光景が見られることから写真を撮るために多くの人が訪れるんですよ。今回は、そんな新舞子海岸について詳しくご紹介していきます。

朝日や夕日に照らされた広大な干潟は必見!

新舞子海岸の干潟

新舞子海岸の最大の特徴は、遠浅の海岸だということ。干潮時には約300mも潮が引き、隠れていた砂浜や干潟が約1㎞にもわたって姿を現します。この干潟が、一風変わった景色を見せてくれるんです。

潮が引くとき干潟の合間に残った海水は潮だまりとなり、夕日や朝日に照らされて輝きます。浮き出た砂浜と潮溜まりとのコントラストが沖の方まで延々と続く様子は、まさしく絶景。シャッターを切るのも忘れて一時見入ってしまうほどの美しさです。
特に空気の澄んだ日の出の時間帯は人気が高く、早朝にはカメラを持った人々が多く集まる、絶景写真スポットとなっています。

■新舞子海岸
住所
兵庫県たつの市御津町黒崎1414
電話番号
079-322-0424

写真撮影を撮るのにベストな場所と時間を押さえよう!

新舞子海岸の干潟

広い干潟全体を写真に収めるなら、少し高台から撮るのがベストです。新舞子海岸の駐車場が干潟を見渡せるのでオススメですよ。時期としては12~2月の、空気の澄んでいる冬が最も美しく見えるそうですよ。

干潮や日の出・日の入りの時間は毎日変わるため、いつ訪れればいいのか悩んでしまいますよね。せっかくならタイミングを合わせて絶景を収めたいものです。そんな時はそれぞれの情報が書かれたサイトがあるので、事前に確認して干潮と日の出・日の入りの時間が合う日時を見つけて訪れましょう。
日によっては駐車場が三脚でいっぱいになることもありますから、なるべく早めに到着して撮影スポットを確保しておいてくださいね。

新舞子海岸へのアクセスは?

姫路城

新舞子海岸へは、公共交通機関利用の場合はJR姫路駅から山陽本線に乗って網干駅で下車し、そこからタクシーで約20分。または山陽電鉄の網干駅からタクシーで約10分です。車の場合は、姫路バイパス中地ランプから約25分で到着です。駐車場は1000台収容、1日500円で停めることができるので、車で訪れた際はぜひ利用してくださいね。

姫路の工業地帯でロマンチックな夜を過ごそう♪

姫路の工場夜景

新舞子海岸で絶景を見た後は、姫路で一味違った夜景を楽しむのもロマンチックですよ。姫路の南部には、日本触媒や新日鉄などの大企業が集まる工業地帯が広がっており、夜になると全体がライトアップされるんです。大小さまざまなパイプや煙をもうもうと吹き上げる塔などが暗闇に浮かび上がり、幻想的でSFチックな光景が広がっています。すぐそばに海があるので、光り輝く工場が海面に映る様を撮るのも趣があります。

新舞子海岸から車で約15分のところにある網干なぎさ公園は、そんな姫路の工場夜景を収める撮影スポットとして知られています。公園内に小高い山があり、その上の見晴台に登れば遮る物なく写真を撮ることができますよ。

■網干なぎさ公園
住所
兵庫県姫路市網干区新在家246

レジャー目的だけでなく絶景スポットとしても人気の新舞子海岸。地元の人に愛されている絶景スポットを見に、カメラを持ってぜひ訪れてみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。