「津軽さ行がねか?」魅力あふれる青森県・津軽旅行のススメ

津軽地方というと、どんなイメージをお持ちですか?真っ赤なりんごに白い雪景色…。遠い雪国をもっと身近に感じてほしい!ということで、津軽観光の楽しみ方をご紹介します。四季折々の観光スポットだけでなく温泉もありますよ。新幹線に乗っていざ津軽へ!

津軽地方ってどのあたり?

弘前城

本州最北端の半島のひとつである津軽半島を含む津軽地方は、青森県の西部にあたります。日本海側に面していて、冬の降雪量が多く、この気候を生かして栽培されるりんごは日本一の生産量を誇ります。りんごの街、弘前市は津軽地方の中心都市です。首都圏から距離はありますが、北海道新幹線が開通したためアクセスがぐっと良くなりました!東京駅から津軽半島にある「奥津軽いまべつ」駅まで、新幹線一本で約3時間半です。

■奥津軽いまべつ駅

少し知ると、だいぶ楽しい!「津軽弁」

旅先での楽しみの一つといえば、地元の人とのふれあいですよね。津軽地方の方言「津軽弁」は独特の言い回しが多く、事前に頭に入れておくと旅がぐっと楽しくなりますよ♪言葉を短縮する傾向があり、簡潔な表現が多いのが特徴的です。例えば「わ」は「私」、「な」は「あなた」となります。「んだ」は「そうだ」という意味で、「んだべ」は「そうでしょう」、「んだばて」は「そうだけど」と語尾によって意味合いが変わります。別れ際に用いられる「へば!」は「じゃあね!」という意味です。ぜひ使ってみたいものですね。

季節感も楽しめる!津軽地方の観光スポット

龍飛岬

津軽地方を代表する観光地と言えば、津軽半島の先端にある「龍飛岬」です。美しい景色と「津軽海峡冬景色」の歌碑で人気ですが、日本で唯一の「階段国道(339号)」も名所となっています。高低差のある階段や民家の間を走る徒歩でしか通れない面白い国道です。他にも季節ごとに見どころがあるので、一年を通して楽しめるのも嬉しいところ。

ねぶた
Photo credit: chrisliang82 on Visual hunt / CC BY

春は弘前城の桜が咲き乱れる華やかな景色、夏は迫力満点の「ねぶた祭」を間近で見ていただきたいです。

h_hanadaさん(@kazukazu.nn)がシェアした投稿

初夏から初秋にかけては、田舎館村の「田んぼアート」を展望台から眺めましょう。稲で描かれる壮大なアートは圧巻です。

ストーブ列車

雪景色の中を走る津軽鉄道の「ストーブ列車」をおすすめします。車内の「ダルマストーブ」でスルメを焼いたり、地元の人とおしゃべりしたり、心まで温まりますよ。

■龍飛岬
■田舎館村

目と鼻の先に海!潮風を感じる絶景の温泉

不老ふ死温泉

青森県は温泉の多いところで、津軽地方にも名湯がいくつかあります。なかでも、目の前に日本海が広がる露天風呂が有名な「不老ふ死温泉」が人気です。海岸と一体化した開放的なお風呂で、黄金色のお湯に浸かってリフレッシュ!晴れた日の青い空と海とのコントラストはとても美しいです。宿泊すると、水平線に沈むきれいな夕陽を眺めることもできます。ちなみに、この温泉から南東方面に足をのばすと、秋田県にまたぐ世界自然遺産の「白神山地」があります。コバルトブルーの池、「青池」が素敵なので、ぜひ見に行ってみてください!

白い雪国、津軽地方には彩り豊かな観光スポットがたくさんありました!四季折々の美しさを堪能しに、ぜひ津軽さ行が!

■不老ふ死温泉
住所
青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
定休日
電話番号
0173-74-3500
※情報は記事公開日時点のものになります。