今度の休みは喧騒から離れて深大寺へ♪名物のそばや周辺スポットを楽しもう

東京都調布市の北に位置する深大寺エリア。新宿から京王線で約20分とすぐですが、行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。エリアを代表するスポットの深大寺は毎年3月に開催されるだるま市で有名ですが、これからの時期に行くのもオススメ♪東京とは思えない静かさと、緑豊かな境でリフレッシュできますよ。

緑が美しい古刹「深大寺」

深大寺 本堂

深大寺は奈良時代の創建と言われ、東京都にある寺の中では浅草寺の次に古い歴史を持つ寺です。境内は自然豊かなので四季を通して楽しむことができますよ。特にオススメなのが新緑から梅雨にかけての時期。雨粒滴る緑もとってもキレイなんです♡参拝した後は、隣接する神代植物公園も散策してみるのもオススメです。

深大寺周辺で食べ歩きやお土産探しを楽しもう

深大寺 参道

深大寺の参道や周辺にはいろんな土産店や休み処があるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。団子やまんじゅうなどの甘味は、ちょっと休憩したい時や食べ歩きにピッタリ♪可愛らしいだるまやどこか懐かしい民芸品なども売っていますよ。

深大寺グルメと言えば、やっぱりそば!

サトシさん(@satoshi0463)がシェアした投稿

深大寺を代表するグルメと言えば「深大寺そば」。「湧き水の宝庫」と言われる豊かな水を使って作られるそばが名物で、周辺にはたくさんのそば屋さんがあります。冬には「深大寺そばまつり」が開催され、各店舗のそばを食べて巡るスタンプラリーも予定されています。興味のある方は予定を合わせて行ってみては?

rinaさん(@rinay1011)がシェアした投稿

深大寺そばでお腹を満たしたら、門前にある「鬼太郎茶屋」でコーヒーやスイーツを楽しんでみてはいかがでしょう。こちらは『ゲゲゲの鬼太郎』の世界観が楽しめるカフェで、キャラクターモチーフのラテアートやスイーツがいただけます。スイーツを楽しんだ後は、併設のショップにも立ち寄ってみてくださいね。ここでしか買えないオリジナルグッズを取り揃えていますよ♪

■鬼太郎茶屋 調布市深大寺店
住所
東京都調布市深大寺元町5-12-8
営業時間
10:00~17:00 (L.O.16:30) 
※ギャラリー最終入場16:45
休業日
月曜日 ※祝祭日の場合は翌日
電話番号
042-482-4059

深大寺へのアクセスは?

深大寺山門

深大寺へは、公共交通機関を使う場合、京王線の「調布駅」、「つつじヶ丘駅」、JR中央線の「吉祥寺駅」、「三鷹駅」からバスに乗車します。「調布駅」または「つつじヶ丘駅」からは「深大寺行き」に乗車し、どちらも15分ほどで「深大寺」バス停に着きます。バス停からは歩いて約1分です。 「吉祥寺駅」または「三鷹駅」からは、同じく「深大寺行き」に乗車し約30分、「深大寺」で降りたら歩いて約3分です。
都心から車で行く場合、中央自動車道「調布I.C.」を経由して、約50分になります。
隣接の神代植物公園と併せて自然散策を楽しんだり、30分くらい歩いて国立天文台に行って展示を楽しんだりと、周辺観光もできますよ♪休日のお出かけ先やデートコースにオススメです。

■深大寺
住所
東京都調布市深大寺元町5-15-1
電話番号
042-486-5511

※情報は記事公開日時点のものになります。