イタリアの“屋根のない美術館”フィレンツェを心ゆくまで堪能したいならここへ行こう!

フィレンツェ

古くから、誰もが憧れる“花の都”と呼ばれ、歴史ある美しい街並みを楽しめるフィレンツェは、女の子ならきっと一度は訪れてみたい街!イタリア4大都市の一つに挙げられますが、街自体は比較的小さく観光スポットが旧市街地に集中しているため効率よく周ることができます。今回は、そんな初めてのフィレンツェ旅行で絶対に外せないスポットを含めた1日観光モデルコースをご紹介いたします♪

1.アカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)

アカデミア美術館のダビデ像
Photo credit: ^Joe on Visualhunt / CC BY

まずフィレンツェで訪れたいのが、こちらの「アカデミア美術館」!メディチ家のコジモ1世のアカデミア(=美術学校)が前身となっており、ミケランジェロのダヴィデ像オリジナルが展示されていることで有名です。本物ゆえの迫力に感動間違いなし!ミケランジェロ作の傑作彫刻の数々に酔いしれちゃいましょう☆

■アカデミア美術館
住所
Via Ricasoli, 66 50122 Firenze
営業時間
8:15〜18:50
休館日
月曜日
電話番号
+39 055 2388609
入館料
6.50ユーロ

2.ドゥオモ(Duomo)

ドゥオモ

フィレンツェ観光の大本命とも言える「大聖堂ドゥオモ」へ!長い歳月をかけて造られた巨大な大聖堂は、美しい大理石と赤レンガのクーポラが印象的で、フィレンツェの顔と言っても過言ではありません。またドゥオモ内部の天井画は、ルネッサンス芸術の象徴とされるデザインで、まさに一見の価値あり!この大聖堂ドゥオモがある「サン・ジョバンニ広場」には、その他「ジョットの鐘楼」や「サン・ジョバンニ礼拝堂」などもあり、常に観光客で賑わっています。

ドゥオモを望む
Photo credit: Franck_Michel on Visual hunt / CC BY

大聖堂ドゥオモのクーポラ、そしてジョットの鐘楼は上部へ登ることもでき、長い階段を登った先の頂上部から眺めるフィレンツェの街並みは息を呑む美しさ!映画『冷静と情熱のあいだ』のワンシーンもココで撮影されたんです♪なんともロマンチック☆

フィレンツェを旅行する女性

ちなみに、オススメなのが「ドゥオモ共通券」という便利なチケット☆このサン・ジョバンニ広場一帯の施設で利用可能となっている便利なチケットです。

■ドゥオモ共通券
料金
15ユーロ
有効期間
48時間
対象施設
クーポラ(円屋根=La Cupola di Brunelleschi)
洗礼堂(大聖堂前にある八角形の建物=il Battistero di San Giovanni)
ジョットの鐘楼(il Campanile di Giotto)
サンタレパラータの地下聖堂(大聖堂内部の地下=la Cripta di Santa Reparata)
ドゥオモ付属美術館(大聖堂の裏、ギベルティ作「天国の扉」のオリジナル収蔵=il Museo dell’Opera del Duomo)

クーポラ フレスコ画

WEBでコチラを予約しておくと、待ち時間必須の「クーポラ」「ジョットの鐘楼」「ドゥオモ付属美術館」は事前に予約ができ、時間短縮に便利♪また現地でチケットを引き換える必要がなく、PDFを印刷しておくだけで、各施設に入館できちゃいます。

■ドゥオモ
住所
Via della Canonica 1 50122 Firenze
営業時間
夏季/9:30〜17:30、冬季/8:00〜12:30・15:00〜17:30、日曜/13:00〜17:30
休館日
電話番号
+39 055 2302885
入館料

3.シニョーリア広場(Piazza della Signoria)

シニョーリア広場

中世にフィレンツェ政庁舎として建てられた立派なお城「ヴェッキオ宮殿」があるのがこの「シニョーリア広場」で、映画『ハンニバル』の撮影でも使われた場所として有名です♪この広場の周りには中世からの建物が軒を連ねており、美しい彫刻も多く存在することから、雰囲気は美術館さながら。ダヴィデ像のレプリカなどもあり、中世の雰囲気を肌で感じることができちゃいます!

■シニョーリア広場

4.ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi))

ウフィツィ美術館
Photo credit: rvr on Visualhunt.com / CC BY-SA

シニョーリア広場のヴェッキオ宮殿の横にある「ウフィツィ美術館」へ。コチラの美術館には、中世ルネッサンス芸術はもちろん、古代ギリシャ、ローマ時代の彫刻、バロック、ロココ期の絵画など計2500点ほどが展示されており、国宝クラスの芸術品が収蔵されていることから世界的にも大変貴重な美術館として知られています。ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、そしてヴォッティチェリなど、本やテレビで見た数々の大傑作が目の前に!圧巻の芸術作品の数々を心ゆくまで堪能しましょう。

■ウフィツィ美術館
住所
Piazzale degli Uffizi 6 50122 Firenze
営業時間
8:15〜18:50
休館日
月曜日
電話番号
+39 055 294883
入館料
6.50ユーロ

並ぶ必要なし!の「フィレンツェ・カード」も有効活用しましょう

Cris Oldoniさん(@viagemcomacris)がシェアした投稿

今回ご紹介したアカデミア美術館やウフィツィ美術館などは大変人気があるため、事前に予約しておかないと入れないこともしばしば…。確実に入館するならウェブサイトや電話などで予約をするか、「フィレンツェ・カード」というものを購入することをおすすめします。フィレンツェ・カードはフィレンツェの主要美術館・教会を予約なしで好きな時に入館できるカードです。3日館有効なフィレンツェ・カードは、72ユーロと少々高額ですが、3日間ゆっくりと美術館を周りたい人には断然お得。予約の必要もなく、入館時に並ばなくて良いのでとってもオススメです♪

数日かけてじっくり周りたいフィレンツェですが、イタリア周遊旅行など考えてる方は、コチラのコースで是非ともフィレンツェを堪能してださいね♪

この記事は2016年10月27日に公開されたものを編集したものです。
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。