やっぱり便利で楽しい!ワイキキトロリーを活用してハワイを満喫しよう♪

ワイキキやホノルル周辺を走るワイキキトロリーは乗り降り自由なバス。ハワイ観光には欠かせないとても便利な乗り物で、カメハメハ大王像やイオラニ宮殿といったハワイの歴史・文化的観光スポット、ショッポングエリアなどを効率良く巡ることができます。レトロなデザインのトロリーは窓がないオープンエアー仕様。ハワイの爽やかな風を感じつつ、陽気なドライバーさんたちのガイドを聞きながら、移動中の時間を存分に楽しむことができます。ワイキキトロリーの路線は全部で5つありますが、今回はその中から特に利便性の高い3つのラインをご紹介します。

ショッピング満喫ルート「ピンクライン」

ワイキキトロリー

人気のアラモアナショッピングセンターやロイヤルハワイアンセンターなどを巡るラインで、ショッピングを楽しみたい方におすすめ。約10分毎に運行していますが、非常に混み合う路線のため2~3台見送らなければならないことがあるため、時間に余裕を持っておいた方が良いです。料金は片道2ドル、JCBカード会員の方は提示すると無料で乗車可能という嬉しい特典がありますよ。
またこのルートは、パンケーキでおなじみのエッグスンシングスへ行く際にも使えます。朝食や夜カフェ、買い物途中の休憩がてら本場の味を堪能しに行ってみるのもいいですね♪

主要観光スポット巡りなら「レッドライン」

カメハメハ大王像
Photo credit: Edmund Garman on Visual hunt / CC BY

ハワイの歴史や文化に触れられる観光地を回るルート。アメリカ合衆国唯一の宮殿であるイオラニ宮殿、ハワイ王国を建立したカメハメハ大王像などの歴史的スポットに加え、賑やかなチャイナタウンやダウンタウンなどを巡り、現地の人々の活気あふれる生活の様子を体感することができます。ホノルル美術館では世界中から集められた数々のコレクションを目にすることができるのはもちろん、ハワイらしい南国風の造りの建物自体も趣があってとても素敵です。ハワイを訪れるのが初めての方や、リピーターでもまだ史跡は回ったことがないという方はぜひ一度利用してみてはいかがでしょう。

海岸線の絶景を堪能!「ブルーライン」

ハナウマ湾展望台

オアフ島東海岸を走るブルーラインは、美しいオーシャンビューを楽しみたい方にぴったりなルート。最初の絶景ポイントはハナウマ湾展望台。透き通った海と綺麗なサンディービーチ、そしてそれを囲むように湾曲する海岸線が織りなす景色はなんともいえない美しさ!トロリーはここで5分間停車するので、写真を撮る時間もありますよ。次に立ち寄るのはハロナ潮吹き穴展望台。自然の力によってできた穴の中に海水が流れ込むことで潮が吹き上がる仕組みになっているのですが、その高さは最大約10mにもなりとても見応えがあります。その後、沿岸の景色を車窓から楽しむことになるのですが、それもこのブルーラインの醍醐味のひとつ。このルートにはダブルデッカーと呼ばれる2階建てのトロリーが運行しており、いつもとは違う目線で絶景を見られるので、満足できること間違いなしです。

乗車料金とお得な乗り放題チケットについて

ワイキキトロリー
Photo credit: nina.jsc on VisualHunt / CC BY

ピンクラインは片道料金がありますが、その他のラインを1路線のみ利用したい場合は1日1ライン+ピンク乗り放題のチケットになります。通常料金は25ドル、オンラインで購入すれば23ドルと少しお得です。
1日でピンク以外に2つ以上の路線、もしくは数日間利用する場合は乗り放題チケットがおすすめ。1・4・7日間乗り放題チケットがあり、それぞれ通常料金45・65・70ドル、オンライン料金41・59・63.5ドルです。
チケットの購入は公式ホームページ、DFSギャラリアのチケット窓口、主要旅行会社などで可能。

■ワイキキトロリー
住所
330 Royal Hawaiian Ave, Honolulu
営業時間
8:00~20:00
電話番号
080 593 2822

交通手段は他にもタクシーやtheBUSなどがありますが、ワイキキトロリーは使ってみるととても便利で、移動中の雰囲気も楽しめるのでいいことだらけ。ぜひ乗りこなしてハワイ旅行を満喫してくださいね!

※情報は記事公開日時点のものになります。